ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」がマツダの「MAZDA2」に新車装着

2019/09/12  横浜ゴム 株式会社 

2019年09月12日

ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」がマツダの「MAZDA2」に新車装着

横浜ゴム(株)はマツダ(株)が2019年9月より国内で発売した「MAZDA2」の新車装着(OE)用タイヤとして「BluEarth-GT AE51(ブルーアース・ジーティー・エーイーゴーイチ)」の納入を開始しました。装着サイズは185/65R15 88S。

「BluEarth-GT AE51」は「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランド「BluEarth」の基盤設計や材料技術を採用し、走行性能、快適性能、環境性能の全てに優れる、高いグランドツーリング性能を持ったタイヤ。横浜ゴムは先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めており、「BluEarth」シリーズのタイヤは最新のセダンやSUV、スポーティーカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されています。

「MAZDA2」は、「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をコンセプトに、普段の生活の中でお客さまが感じる“質感“にもこだわったマツダブランドへの入り口を担うクルマです。動き出した瞬間からまるでクルマが自分と一体になったかのような自然な感覚で運転でき、気持ちに余裕が生まれ、心から毎日の運転を楽しんでいただけることを目指し、操縦安定性、乗り心地、静粛性といった“乗って、運転して感じる質感”の領域にもこだわって作りこまれています。

他の画像

関連業界