地元の農業協同組合からジュニア・アスポート事業にとれたてのお米を寄贈いただきました。

2018/12/07  埼玉県庁 

発表日:2018年12月7日14時

地元の農業協同組合からジュニア・アスポート事業にとれたてのお米を寄贈いただきました。

部局名:福祉部
課所名:社会福祉課
担当名:医療保護・生活困窮者支援担当
担当者名:堂園、関根

内線電話番号:3287
直通電話番号:048-830-3271
Email:a3270-09@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では貧困の連鎖の解消のため、困窮世帯の中高生向けに学習支援事業を実施しています。

また、今年度は新たに小学生向けの学習・生活支援教室(ジュニア・アスポート事業)を県内7市町でモデル的に開始しました。

これらの事業では、学習支援や体験活動のボランティア、食材の寄附などを広く呼びかけていますが、この度、ジュニア・アスポート事業に対し、県内の2つの農業協同組合からとれたての県産米を寄贈いただきました。

1 寄贈者及び寄贈品

寄贈者

所在地

品目

数量

埼玉みずほ農業協同組合

埼玉県幸手市東3-10-43

米(平成30年産コシヒカリ)

精米

30kg

南彩農業協同組合

久喜市菖蒲町新堀473

米(平成30年産彩のかがやき)

精米

30kg

2 寄贈先

ジュニア・アスポート教室

(困窮世帯の小学生向け学習・生活支援教室)

【参考資料:寄贈日の様子(左:埼玉みずほ農業協同組合、右:南彩農業協同組合)、調理例】

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る

他の画像