長崎歴史文化博物館の所在不明資料の点検状況

2019/03/15  長崎県庁 

長崎歴史文化博物館の所在不明資料の点検状況


担当課 文化振興課
担当者名 浜口、城谷
電話番号 直通:095-895-2761
内線:4512

2019年3月15日更新

?長崎歴史文化博物館の収蔵資料のうち、所在が不明となっていた資料3点の現時点での状況は以下のとおりです。?

経緯

長崎歴史文化博物館の平成29年度の資料点検において、本来あるべき収蔵場所に置かれてない資料(以下3点)があることが判明した。

  1. 安南国金札写
  2. 長崎商工会議所章程
  3. 平戸・大村・富江・福江領地図

点検状況

  • 1.については、平成30年10月29日に、文書収蔵庫の棚の下(棚と床の隙間)で発見
  • 2.3.については、現在も不明
  • 平成30年度については、3月13日現在で13,757点を点検し、全て合致した。
  • 指定管理者が指定管理期間(平成28年度からの6年間)に行う全数点検のうち52.8%の点検を終了した。

今後の対応方針

不明の資料については、引き続き捜索を行い、早期の発見に努める

再発防止策

収蔵資料の取扱について、詳細な手順を示した管理マニュアルを作成し、関係者へ資料の取り扱い手順を徹底している。

特に資料の出納手順について遵守を徹底すると共に、誤配架防止用の代本板(取り出した資料の代わりに目印として置く板状の中性紙)については形状・色等を工夫し、取り出した場所が特定しやすいよう改善を図る。

先頭に戻る

メニュー