広島県地域通訳案内士制度について

2018年12月07日  広島県庁 

広島県地域通訳案内士制度について

印刷用ページを表示する掲載日2018年12月7日

広島県地域通訳案内士とは

1 広島県地域通訳案内士制度の概要について

「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律」(平成30年1月4日施行)により,「地域通訳案内士」の制度が創設され,自治体が実施する研修により,地域通訳案内士として登録を受けることが可能となりました。

広島県に関する深い知識を持った,質の高いガイドの育成を図るため,「広島県地域通訳案内士育成等計画」を策定し,香川県とならび全国で初めて,観光庁長官の同意を得ました(平成30年4月9日)。

広島県が行う研修の修了および口述試験の合格後,広島県知事に対して登録申請を行うと,「広島県地域通訳案内士登録証」が交付され,「広島県地域通訳案内士」として,通訳案内を行うことができます。

通訳案内とは,外国人に付き添い,外国語を用いて,旅行に関する案内を行うことです。

※資格を有さない方が,当該資格の名称や類似名称を用いることはできません。
※ただし,資格を有さない方でも,有償で通訳案内することは可能です。
※平成30年度の研修は,終了しました。
平成31年度の研修については,内容が決まり次第,県ホームページにて募集いたします。

2 活動できる区域及び言語について

(1)活動区域:広島県内
(2)対象言語:英語,中国語

3 免許証と登録証

広島県地域通訳案内士には,広島県知事から広島県地域通訳案内士登録証が交付されます。

【広島県地域通訳案内士登録証】

4 登録の申請,変更の届出,再交付(広島県地域通訳案内士育成研修修了者の方

(1)必要書類

申請に必要な書類は,「登録申請等提出書類一覧表」をご覧ください。

(2)様式ダウンロード

登録手数料
区分 新規登録 変更の届出 再交付
手数料 5,100円 4,000円 4,000円

5 登録簿の閲覧

広島県地域通訳案内士登録簿が広島県に備え付けられており,広島県地域通訳案内士の登録番号,登録年月日,氏名,合格外国語等が記載されています。

今後,公開を希望される広島県地域通訳案内士の方の情報については,県ホームページ上で掲示します。

参考

広島県地域通訳案内士育成等計画 (PDFファイル)(184KB)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

配信企業情報

広島県庁
上場区分 -