【JPIセミナー6月14日開催】”海外事例も踏まえた日本における「MaaS」のあるべき姿をズバリ提示する”

2019/03/15  株式会社 日本計画研究所 

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14587

日本計画研究所は、 岡三証券株式会社 企業調査部 第一グループ シニアセクターアナリスト 山崎 慎一 氏 を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。 セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。


〔タイトル〕
利用者×事業会社×地元自治体=∞「三方良し」を目指す
海外事例も踏まえた日本における「MaaS」のあるべき姿をズバリ提示する

〔講義概要〕
 昨年来、鉄道会社や自動車会社において「MaaS(Mobility as a Service)」に対して積極的に取組んでいる。MaaSは次世代モビリティ・システムを担う救世主のようにみられているが、軌道に乗せるためにはいくつかのハードルがあるように思われる。当セミナーにおいて、海外の事案や現状の取組みなどを検証した上で、日本におけるMaaSのあるべき姿を提案できればと考えている。

〔講義項目〕  
1.MaaSとは?  
  次世代モビリティ・システムを担う幹である
2.海外における成功例について  
  成功の代表例は、フィンランド・ヘルシンキ、ハノーバー、モンペリエなど
3.運輸セクターにおける現状の取組み  
  JR東日本や東急、小田急など鉄道会社の積極的な取組みが目立つ
4.現状における課題
5.解決策は?  

  利用者、事業会社、地元自治体の3者ともにメリットのある「三方良し」のMaaSを目指すべき
6.関連質疑応答
7.名刺交換会 

  講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕  岡三証券株式会社
        企業調査部 第一グループ
        シニアセクターアナリスト(電力・カ゛ス・石油、運輸・倉庫担当) 山崎 慎一 氏


〔開催日時〕  2019年6月14日(金) 17:00 - 19:00

〔会  場〕  港区南麻布/JPIカンファレンススクエア
        https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕   ▶民間参加費 1名 : 32,970円 (資料代・消費税込)
         2名以降 27,970円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待
(ホームページからのお申込みに限る。)

《こちらも要チェック↓↓》
【4月12日開催】SDGs未来都市・横浜 持続可能な住宅地推進プロジェクト(緑区十日市場町周辺地域)整備事業の進捗と今後の展開について 
https://www.jpi.co.jp/seminar/14527

【4月19日開催】<東京開催>名古屋市 リニア時代に備えた名古屋のまちづくり
https://www.jpi.co.jp/seminar/14512

【4月8日開催】国交省:物流危機脱却に向けた業界別のロジスティクス改革と生産性向上に向けた新たな施策展開
https://www.jpi.co.jp/seminar/14465



【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp



【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

他の画像

関連業界