事務補助員の募集(障害者雇用・会計センター研修部)

2019/03/13  財務省 

tweet

事務補助員の募集(障害者雇用・会計センター研修部)

平成31年3月13日

大臣官房秘書課

現在、障害者雇用の一環として、障害者を対象とした事務補助員の募集を行っています。

職務内容・勤務条件等は以下のとおりです。

1.勤務先:財務省会計センター研修部 西ケ原研修合同庁舎 (東京都北区西ケ原2-2-1)

2.募集人数:1名

3.職務内容等 一般事務の補助 ○パソコンを用いたデータ入力等(ワード、エクセル等) ○研修教材等の印刷及び配布
○文書整理等
○研修生対応等その他研修関連業務補助
※具体的な仕事内容は本人の適性や障害の状況に応じて配慮します。

4.応募資格:次に掲げる手帳等の交付を受けている者
① 身体障害者手帳又は都道府県知事の定める医師(以下「指定医」という。)若しくは産業医による障害者の雇用の促進等に関する法律別表に掲げる身体障害を有する旨の診断書・意見書(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫又は肝臓の機能の障害については、指定医によるものに限る。)
② 都道府県知事若しくは政令指定都市市長が交付する療育手帳又は児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医若しくは障害者職業センターによる知的障害者であることの判定書
③ 精神障害者保健福祉手帳
※以下に該当するものは、応募できませんのでご了承ください。
(1)日本国籍を有しない者
(2)国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者

5.勤務条件・給与等 (1)勤務時間:午前9:00~午後5:30
(うち、正午から午後1:00までは休憩時間となります。)(※) (2)勤務期間:2019年6月(※)~2019年9月30日(更新の可能性あり) (3)勤務日:原則15日以内/月(土、日及び祝日を除く)(※)
※勤務時間、勤務開始日等については、相談の上、決定いたします。 (4)休暇等:有給の年次休暇があります。
(採用日から6ヶ月間継続勤務し、全勤務日の8割以上出勤以降付与)
※その他、事情に応じた有給・無給の休暇があります。 (5)給与:日給 8,220円(上記勤務時間の場合)
(ただし、法令の改正等があった場合、常勤職員に準じて改定(増額または減額)する場合があります。)
(6)賞与:年2回(6月、12月)、勤務実績に応じて支給
(ただし、法令の改正等があった場合、常勤職員に準じて改定(増額または減額)する場合があります。) (7)交通費:別途支給(月55,000円まで) (最寄駅 JR京浜東北線上中里駅から徒歩約5分又は東京メトロ南北線西ヶ原駅から徒歩約10分)
(8)加入保険等:健康保険、厚生年金保険、雇用保険
(9)退職手当:支給なし

6.服務規律等
国家公務員法等に定める義務等(服務の根本基準、法令及び上司の命令に従う義務、争議行為等の禁止、信用失墜行為の禁止、秘密を守る義務、職務に専念する義務及び政治的行為の制限等)を遵守。

7.応募方法
下記問い合わせ先まで履歴書(市販のもので可)、職務経歴書をお送りください。
※業務遂行上必要な配慮等の確認のため、障害の状況や必要な配慮事項等を可能な範囲で応募書類にご記入ください。
※支援機関を利用している方は、支援機関の名称・支援者の分かる内容を応募書類にご記入ください。
※ご提出いただいた応募書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

8.応募締め切り
2019年4月8日(月)必着

9.選考方法等
(1)書類選考を実施し、通過者について面接試験を実施の上、合否を決定します。
(2)書類選考通過者には、個別に面接試験実施日時・場所等を連絡します。
※採用面接に当たって何らかの配慮(就労支援機関の職員や特別支援学校の教職員等の同席、筆談又は手話通訳、文字通訳などによる面接、付添人の控室の用意など)を希望される方は申し出てください。

10.個人情報の取扱い
本募集を通じて取得した個人情報は、採用活動を目的に利用するものとし、その管理は「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」等に基づき、適切に行います。

11.その他
以下のとおり、職場見学会を実施します。参加希望の方は、参加希望日前日の午後4時(土日祝を除く)までに担当者までご連絡ください。
(1)開催日時 2019年3月20日(水)
午後2:00~午後3:00
(2)内容 業務説明、職場見学
見学会について詳しくはこちら

問い合わせ先

〒100-8940
東京都千代田区霞が関3-1-1
財務省大臣官房秘書課 交久瀬 ( かたくせ)、岡村、米澤
TEL:03-3581-4111(内線5305)


トップページへ戻る


ページ先頭へ


関連業界