Appier、「アイソン」の新機能を発表 予測したオーディエンスのセグメント、ターゲットオーディエンスのオンライン上の行動予測を可能に

2018年03月07日  APPIER JAPAN 株式会社 

Treasure Data社とのデータ連携ソリューションの提供を開始


AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、本日、AI搭載のデータインテリジェンスプラットフォーム「AIXON(以下アイソン)」にオーディエンスのセグメンテーション予測機能を追加するとともに、より直感的で使いやすいユーザーインタフェース(UI)を採用したと発表しました。また、本日よりTreasure Data社との連携ソリューションをオプションとして提供します。

新たに搭載された「予測したオーディエンスのセグメンテーション機能」を使うことで、マーケターはターゲットオーディエンスの行動や嗜好を更に深く理解でき、オンライン上のアクションに関する精度の高い予測モデルを構築することができます。アイソンは、ユーザーをオンライン上で利用したキーワードによって分類し、関連したキーワードとキーフレーズを使って類似したユーザーを発見します。このモデルを導入済み企業のEメールマーケティングキャンペーンで試験的に実施したところ、メールの開封率が倍増しました。

アイソンのもう一つの新機能は、「チャネル横断オーディエンス予測」です。この機能によって、企業は2つの異なるWebサイトあるいは単一のWebサイトの2つのセクションを選んで顧客の行動を比較することが可能になります。さらに自社のサイトやサイト内のセクションに興味を示すオーディエンスを予測することが可能になります。これにより企業の異なる複数のチャネルを横断的に利用して、顧客とのエンゲージメントを構築することが可能になります。

製品マネジメント担当のバイス・プレジデントであるマジック・ツーは「AIには、学習とデータの充実を進めることで継続的に改善する性質があります。新しくアイソンに搭載したオーディエンス予測・分類機能は、企業のマーケティング施策において使いやすいAIを提供し、当社の顧客がアイソンの高い性能を実感してもらえるものと確信しています」と語っています。

これらの新機能は既存・新規の顧客に対し本日から利用可能です。

アイソンのユーザーは、新たに接続先を選定できるオプション機能を利用することが可能になりました。Treasure Data社のカスタマーデータプラットフォーム(CDP)ソリューションとアイソンを連携させることにより、企業はシームレスにCDP内の顧客データを利用でき、アイソンプラットフォーム上でAI搭載のオーディエンス予測・分類・分析機能を活用することが可能です。また、アイソン上で分析したデータセットはCDPに戻すことで顧客データベースを整備することが可能です。

Appier について
Appier は、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するためのAI プラットフォームを提供しています。詳細はwww.appier.com/jp/ をご覧ください。

他の画像

配信企業情報

APPIER JAPAN 株式会社

住所

東京都港区芝5丁目29-20 402 MAP
上場区分 -