「スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)」事業をより持続的・自律的・実践的な取組みへと強化します

2018年07月13日  経済産業省 

「スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)」事業をより持続的・自律的・実践的な取組みへと強化します

「S-NET相談窓口」の増設、「宇宙ビジネス創出推進自治体」の公募など

2018年7月13日

内閣府 同時発表

ものづくり/情報/流通・サービス

経済産業省は、宇宙を利用した新産業・サービスの創出を促進するため、内閣府と連携し、宇宙分野と他分野の交流を促進する地方イベントの開催等を行う「S-NET」事業を展開しています。今年度はより持続的・自律的・実践的な取組みへと一段と強化し、宇宙産業の更なる裾野拡大を図ってまいります。

1.趣旨

平成28年3月、内閣府は、「宇宙」をキーワードに新産業・サービス創出に関心を持つ企業・個人・団体等が参加できるネットワーキング組織として「スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)」を創設し、活動を行ってきました(現在、経済産業省と共同で運営)が、いくつか課題も明らかになってきました。

このため、3年目の活動を迎える本年、内閣府及び経済産業省は、一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(以下、「JSS」という。)及び一般財団法人リモート・センシング技術センター(以下、「RESTEC」という。)と連携し、S-NETの取組を一過性のセミナー活動等にとどまらない、より持続的・自律的・実践的な取組へと一段と強化します。
具体的には、全国4都市への相談窓口の増設や、公募を通じた宇宙ビジネス創出推進自治体の選定・集中支援など、以下の5本柱に沿った取組を行うことで、宇宙産業の裾野拡大を図るとともに、衛星データを活用したビジネス創出支援を行います。(詳細は別添1を参照)

2.S-NET強化に向けた5本柱

  1. 宇宙ビジネスに関する「S-NET相談窓口」の増設 【持続的な取組】
  2. 「宇宙ビジネス創出推進自治体」の育成・支援 【自律的な取組】
  3. 衛星データ利用等に関する出前講座 【実践的な取組】
  4. 全国主要都市での宇宙関連イベントの毎年実施 【持続的な取組】
  5. 情報発信の強化

関連資料

担当

経済産業省 製造産業局 宇宙産業室長 浅井
担当者:國澤、中西、松尾
電話:03-3501-1511(内線 3844~6)
03-3501-0973(直通)
03-3501-7062(FAX)

配信企業情報

経済産業省
上場区分 -