2011年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況(2018年3月1日現在)

2018年03月07日  総務省 共済組合 

報道資料

平成30年3月7日

消防庁

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況(平成30年3月1日現在)

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害状況につきまして、平成30年3月1日現在の状況を第157報にとりまとめましたのでお知らせします。 とりまとめ報全文については、消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/bn/higaihou_new.html) に掲載しています。

【平成29年3月1日時点(第155報)との比較】

● 死者 19,630名(97名増加)
(主な要因)震災関連死の死者(※)として新たに認められた方が増加したため。
※ 「震災関連死の死者」とは、「東日本大震災による避難生活等の身体的な負担による疾病等により亡くなられた方で、災害弔慰金の支給等に関する法律に基づき、当該災害弔慰金の支給対象となった方」と定義(実際には支給されていない方も含む。)。

● 行方不明者 2,569名(16名減少)
(主な要因)ご遺体が発見され、身元が判明したため。

● 住家被害の棟数の変動
(主な要因)市町村による精査の結果、被害の棟数が修正されたため。

連絡先
消防庁応急対策室
浅見、安西、高木、岩崎
TEL:03-5253-7527
FAX:03-5253-7537

配信企業情報

総務省 共済組合

住所

東京都千代田区霞が関2-1-2中央合同庁舎2号館 MAP
上場区分 -

業界