6割がガソリン車以外の購入を検討した経験あり

2019/06/07  パーク二四 株式会社 

~電気自動車の購入、若者は航続距離より車種を重視~

パーク24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関するアンケート結果を発表いたします。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
調査結果トピックス
1. 電気自動車1回充電あたりの航続距離を「知らない」が7割
2. 6割がガソリン車以外の購入を検討した経験あり
3. 電気自動車の購入、若者は航続距離より車種を重視
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 パーク24は、毎月9日に、クルマの運転や交通に関するアンケートの調査結果を発表しています。
今月の「電気自動車」についてのアンケート結果詳細は以下の通りです。
※入会金・年会費無料の会員制ポイントプログラム。タイムズパーキングやタイムズカーレンタル、タイムズカーシェアの利用等でポイントがたまる他、会員限定サービス等を提供。会員数約760万人(2019年4月末現在)
※本アンケートは、駐車場やカーシェア、レンタカー等のクルマに関わるサービスを利用した方々を対象としたものです。

1. 電気自動車1回充電あたりの航続距離を「知らない」が7割
 電気自動車の1回充電あたりの航続距離を「知っている人」は、31%でした。駐車場やモビリティ等クルマに関わるサービスを利用した方々が調査対象の本アンケートでも、3人に2人は航続距離を知らないことが分かりました。

回答のあった航続距離は「201~300km」が31%で最多、次いで「301~400km」の28%でした。
電気自動車のカタログに記載のある航続距離はアンケート実施時、「164km~400km※1(JC08モード※2)」が中心となっており、航続距離を「知っている」人のうち78%は実際の距離を認識しています。
前回アンケートと比較すると、実際の航続距離の範囲を回答した割合は17ポイント上昇し、100km以下の回答も3分の1に減少していることから、電気自動車の航続距離へ理解が深まっていることが伺えます。
※1 【日産】 LEAF:400km、e-NV200:300km 【三菱】 i-MiEV 164km (今回調査時2018年12月時点で販売中の車両)
※2 国土交通省審査値。実際の走行と同様に、細かい速度変化で運転し、エンジンが暖まった状態だけでなく冷えた状態からもスタートする燃費の測定方法。


2. 6割がガソリン車以外の購入を検討した経験あり
 ガソリン車以外のクルマの購入を検討したことがある人は半数を超える58%となりました。

ガソリン車以外で購入を検討したことがあるクルマの1位は、42%の「ハイブリッド車」でした。次いで「電気自動車」29%、「ディーゼル車」27%となっています。クルマ非保有者では、「電気自動車」を検討したことがあるという回答が33%で、所有者に比べ5ポイント高くなりました。 「PHV」は3%で、前回調査時の31%から大幅に減少しました。




(参考:2018年調査結果)


※前回調査は、ハイブリッドの選択肢がなく、かつ1つのみを選択する方式

クルマ保有者で、ガソリン車以外の購入を検討したことがある人の約9割は「ガソリン車」を保有、「ハイブリッド車」は13%、「ディーゼル車」が7%でした。保有しているクルマは「ガソリン車」であっても、他のエンジンタイプのクルマの購入について検討した経験があるという人は多いようです。


3. 電気自動車の購入、若者は航続距離より車種を重視
 どのようになったら電気自動車を購入するかを聞いたところ、最も多かったのは7割が回答した「価格が手ごろになったら」でした。以降、「EVステーションが増えたら」47%、「航続距離に不安がなくなったら」39%、「好きな車種があったら」36%と続いています。



 年代別でみると、「航続距離に不安がなくなったら」は60代以上が51%で半数を超え、最も低い20代の33%を18ポイント上回っています。
一方、「好きな車種があったら」は、20代が47%、30代が40%で、若い世代ほど割合が高く、30代以下は、電気自動車購入に、航続距離よりも車種を重視する傾向にあることがわかりました。「価格が手ごろになったら」と「EVステーションが増えたら」は、年代による差は見られませんでした。


 電気自動車に関するアンケートは、今回で5回目になります。

 毎回、「1回充電あたりの航続距離」を質問していますが、「わからない」と回答する人が一定数いるものの、カタログに記載されている距離を認知している割合は年々増えており、電気自動車に対する理解が進んでいるようです。また、今回のアンケートでは、「ガソリン車」を保有している人も、「ガソリン車」以外の購入を検討した経験があることが分かりました。

 先日、国土交通省及び経済産業省から、2030年度を目標に乗用車の燃費の平均値を25.4km/Lとする、新たな燃費基準値が提示されました。2016年度実績から32.4%の燃費改善となります。この燃費基準を達成するには、新たに燃費基準の規制対象となった、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車のさらなる普及促進が求められます。購入しやすい価格設定にしたり、EVステーションを増設したりするだけでなく、車種の選択肢を増やすことも必要なのかもしれません。



-----------------------------------------------------------
【サービス】
・カーシェアリングなら「タイムズカープラス」
http://plus.timescar.jp/

・レンタカーなら「タイムズカーレンタル」
http://rental.timescar.jp/

・駐車場をお探しなら「タイムズ駐車場検索」
http://times-info.net/

・ポイントがたまる「タイムズクラブ」
https://www.timesclub.jp/
-----------------------------------------------------------
 

他の画像

関連業界