『実態!2019年 3-4月 引越し代金』レポート

2019/03/13  株式会社 グライド 

都内では最高値120万円超えの引越し見積もりも

引越しシェアサービス「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」を運営する株式会社グライド(本社:東京都新宿区、代表取締役 荒木孝博)は、2019年2月14日にワンファイナンシャル株式会社(本社:東京都港区、CEO:山内奏人)と業務提携後、レシートが瞬時に現金になるアプリ『ONE(ワン)』のアプリ内で「引越しの見積書」の買取を実施。約200件の見積データから2019年3月、4月の「引越し費用などの実態」を報告いたします。



◆調査概要
調査方法:「ONE」より買取した「見積もり」画像
分析項目:引越し日
現住所ー新住所間の移動距離
荷物量
引越し代金 ※【Hi!MOVE】単価は同条件で見積もった場合の引越し単価
見積受付日、引越し申込日
調査エリア:全国
引越し日 :2019年2月・3月・4月のみ
サンプル数:198件

■結果:
1.単身:移動距離別、引越し単価比較
引越し日:2019年3月15日~4月7日
※Hi!MOVEの引越し単価は、実際の見積と同条件で見積った場合の単価となります。




2.家族:引越し平均単価と最高値
引越し日:2019年3月15日~4月7日




3.単身:荷物量別、平均引越し単価
引越し日:2019年3月15日~4月7日
※Hi!MOVEの引越し単価は、実際の見積と同条件で見積った場合の単価となります。




4.曜日、単身、家族別引越し割合
引越し日:2019年2月~4月



◆まとめ
2019年3月も近距離引越しで「120万円超え」の見積が実際にあることが判明。
前年対比でも当社の想定通り引越し代金は20%ほど高騰しています。
引越し代金=引越し日×移動距離×お荷物量(㎥)
引越し代金は、上記方程式が成り立つため、少しでも安くする方法は
1.引越し日を混んでいない時期、曜日を狙う。
2.荷物量を減らし、使用トラックのダウンサイズ
※荷物量を減らす方法
(例)不要品を処分する
(例)「モノオク」・「airRoomトランク」を利用し荷物を一時的に預ける。
3.トラックの稼働効率を向上させる取組に協力し、引越し代金を抑える。
(例)トラックのシェア(相積み、混載)、空き時間(フリー)を有効活用へ。
トラックの売上目標=30万の場合、3件引越しなら、1件平均10万が引越し代金へ

<トラックの稼働率を向上させることで>

トラックの売上目標=30万の場合、4件引越しなら、1件平均7.5万が引越し代金へ
4.引越し代金に含まれる費用(人件費、広告費)を抑えられるサービスや販路で申込

例)電話やネットで見積が完了できるサービス ※引越し会社の営業人件費は格安。
人の紹介 ※引越し会社の営業人件費0円、広告費も0円

5.その他
・段ボールは自分で用意する
・引越会社を比較する=相見積もりを取る。
・早めに手配する ※引越し日が間近になれほど料金は高騰する傾向があります。

■Hi!MOVEについて
「安く、早く、カンタンに」引越し会社を見つけたい方と、トラックの「空きスペース、空き時間」を有効活用したい引越しシェアサービス。

(特徴)
1.基本情報(引越し予定日、現住所、新住所、間取り)とお部屋の荷物写真(お部屋の写真でも可)をスマホで撮るだけ!で引越しのお見積りを即時ご紹介。
2.お見積り金額は、トラックを複数のお荷物でシェア(積み合せ)または、トラックの空き時間を有効活用させることで最安級! 相場より3-4割安く提供することが可能。
3.料金にご納得いただいた場合のみ、ご予約(ご相談だけでも可)頂けます。
4.お支払いもスマホで完結(3月中リリース予定)できる仕組みでスマホ1つで「相場確認~お見積り確認~お申込み~お支払い」をスマホで完結。※シェア(積み合せ)できない場合でも料金は変わりません。


■Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)
URL:https://hi-move.jp

■会社概要
<株式会社グライド概要>
会社名 :株式会社グライド
所在地 :東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー42階
設立  :2014年11月
資本金 :2,000万円
代表者 :代表取締役 荒木孝博
事業内容:WEBマーケティング事業
URL  :http://glide-inc.co.jp/


他の画像

関連業界