【埋蔵文化財センター】「上野原フォーラム2017」を開催します。

2017年09月15日 

ツイート

更新日:2017年9月15日

【埋蔵文化財センター】「上野原フォーラム2017」を開催します。

『何がスゴイ?上野原遺跡どう活かす?上野原縄文の森』

鹿児島県立埋蔵文化財センターでは,「上野原縄文の森開演15周年記念上野原フォーラム2017」を開催します。
このフォーラムでは,『何がスゴイ?上野原遺跡どう活かす?上野原縄文の森』をテーマに講演や発表,パネルディスカッションを行います。

(PDF:734KB)

上の画像をクリックすると,チラシ(PDF)がダウンロードできます。

1目的

上野原縄文の森が開園してから15年が経過し,縄文時代をイメージするため植栽された樹木等も大きく成長して,森の形成も進んできた。
開園以降,190万人近くの方々が来園し,展示施設の見学や縄文体験等を通して親しまれてきたところである。また,この間,県内における発掘調査も進み,上野原遺跡で明らかとなった縄文時代初期における個性豊かな南九州の特色を示す事例が,さらに補完されてきている。
今回のフォーラムでは,上野原遺跡の今日的意義を再確認するとともに,上野原縄文の森のさらなる活用に向けた方策を討論・検討する場とする

2開催日時

平成29年10月14日(土曜日)13時00分から16時30分まで

3開催場所

霧島市国分シビックセンター多目的ホール

4参加対象

どなたでも参加できます。(事前申込不要,参加費無料,当日先着順受付)

5実施内容

第1部「講演・発表」

講演

  • 「史跡上野原遺跡の過去・現在・未来」
    文化庁記念物課水ノ江和同文化財調査官

発表

  • 「上野原遺跡の調査成果とその後の進展」
    (公財)埋蔵文化財調査センター今村敏照調査第一係長
  • 「歴史公園『上野原縄文の森』の多彩な活用について」
    (公財)上野原縄文の森古江真美学芸員
  • 「文化財を活かした着地型観光について」
    鹿児島県旅行業協同組合本田静理事(兼)旅行事業部長

第2部シンポジウム

『何がスゴイ?上野原遺跡どう活かす?上野原縄文の森』

パネル展示~最新の発掘調査状況~

11時00分からフォーラム開会までの間で,当センター職員による解説を行います。

6交通アクセス

【公共交通機関にてお越しの方】

  • JR九州
    「国分駅」から徒歩5分
  • 国分ふれあいバス
    「霧島市役所前」下車後,すぐ

【自家用車にてお越しの方】

  • 東九州自動車道
    「国分」「隼人東」ともに降りて15分

7その他

フォーラムの様子を記録した画像等については,ホームページ等に掲載することがあります。

お知らせ

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

教育庁県立埋蔵文化財センター南の縄文調査室

電話番号:0995-48-5811

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら