60,000重量トン型ばら積み貨物運搬船「フェデラル オオサカ」引き渡し

2020/04/07  株式会社 三井E&Sホールディングス 

2020年04月07日

60,000重量トン型ばら積み貨物運搬船「フェデラル オオサカ」引き渡しエコシップ「neo60BC」の35隻目竣工

三井E&S造船株式会社(社長:古賀 哲郎)は玉野艦船工場にて建造中でありました、パナマ共和国、ケープローズ ナビゲーション社(CAPEROSE NAVIGATION S.A.)向け60,000重量トン型ばら積み貨物運搬船「フェデラル オオサカ」(FEDERAL OSAKA、当社第1963番船)をこのほど完成し、本日同工場にて引き渡しました。

本船は、当社の環境対応・低燃費船ラインナップ「neoシリーズ」の第三弾、60,000重量トン型バルクキャリアー「neo60BC」の35番船となります。

主要目

全長 199.99m
幅(型) 32.25m
深さ(型) 18.50m
総トン数 34,582
載貨重量トン数 64,467メトリックトン
主機関 三井-MAN B&W 6S50ME-B9.3 ディーゼル機関 1基
航海速力 14.5ノット(常用出力)
最大搭載人員 24人
船級 NK
船籍 リベリア
引渡日 2020年4月7日

特長

  1. 4基のクレーンを装備した5ホールド(貨物艙)の汎用バルクキャリアーであり、当社56BCの使い勝手を踏襲している。
  2. 従来のパナマックス幅で載貨重量60,000トン以上を確保し、当社56BCから大型化しつつも、港湾や航路の汎用性を維持している。
  3. 石炭、鉄鉱石、小麦、大麦、大豆をはじめとした多様なバラ積み貨物に対応可能な他、長尺物やホットコイル等の半製品輸送も対応可能である。
  4. 船首および船尾には新開発の省エネ船型を採用し、平水中の抵抗推進特性のみならず、波浪中の耐航性や操縦性にも配慮している。
  5. 長さ/幅ともこのクラスでは最大級のハッチ開口を持つ。
  6. 主機関にはMARPOL NOx排出規制(Tier Ⅱ)を満たした電子制御エンジンである三井-MAN B&W 6S50ME-B9.3ディーゼル機関を搭載し、幅広い出力域において低燃費を実現している。
  7. SOx排出規制強化に配慮し、燃料油の切り替えに対応できる複数の燃料タンクを有している。
  8. SOLAS条約の新騒音コードに対応し、船員の労働環境向上を図っている。
  9. お問い合わせ先

    連絡先
    株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
    担当
    乾(いぬい)
    TEL
    03-3544-3147

    このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース