パーシャル搭載冷蔵庫 NR-F655WPX 他2機種を発売

2019/02/13  パナソニック 株式会社 


パーシャル搭載冷蔵庫 WPXタイプ NR-F655WPX -X(オニキスミラー)
パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、業務用レベルの急速冷凍(※1)が可能な「はやうま冷凍」を搭載したパーシャル搭載冷蔵庫NR-F655WPX他2機種を2019年3月20日より発売します。

パナソニックは、1953年に家庭用冷蔵庫第1号機を発売して以来、世界中のお客様のくらしに寄り添いながら新たな冷蔵庫を開発し続け、65年後の2018年にグローバル生産累計台数が1億台(※2)を達成しました。

昨今、共働き世帯の増加に伴い、まとめ買いでもたっぷり収納できる大容量タイプや、食材を鮮度良く保存したいという要望に加え、作り置きのおかずや下ごしらえした食材の保存に関してもニーズが高まっています。
本製品は、パナソニック独自の「7daysパーシャル」に加え、新たに「はやうま冷凍」を搭載しました。業務用レベルの急速冷凍(※1)を実現し食材だけでなく、家庭でつくったからあげやフライといったおかずや下ごしらえした食材もおいしく冷凍できます。また、この急速冷凍の冷却スピードをいかした新たな冷蔵庫の活用として「はやうま冷却」も搭載しました。「5分であら熱が取れる(※3)」「短時間でお肉の下味がつく」など調理時間の効率化を可能にします。さらに無線LANに対応し、スマートフォンアプリと連携すれば、冷却時間を細かく設定したり、エコナビの運転状況やお知らせを手元で確認することもできます。

パナソニックは本製品により、「鮮度良く、たくさん保存」ができる冷蔵庫だけでなく、「おいしく保存ができて、調理をアシストする」冷蔵庫へと進化し、「忙しくても、おいしい1週間」を提案してまいります。

<特長>
1. 新搭載 業務用レベルの急速冷凍(※1)を実現した「はやうま冷凍」
2. 新搭載 お弁当などのあら熱取りが5分で出来る(※3)「はやうま冷却」
3. スマートフォン(※4)で設定や運転状況を確認できる(※5)「無線LAN対応」

【品名】パーシャル搭載冷蔵庫 WPXタイプ
【品番】NR-F655WPX/NR-F605WPX/NR-F555WPX
【定格内容積】650 L/600 L/550 L
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2019年3月20日
【月産台数】3,000台

※1 実験条件:牛ステーキ(もも肉)150 gをラップ包装。クーリングアシストルーム内のアルミプレートの上において急凍した場合、最大氷結晶生成帯(摂氏-1度~摂氏-5度)を通過する時間:約28分。外気温摂氏25度、扉開閉なし(パナソニック測定)。
※2 2018年9月時点。
※3 実験条件:摂氏60度のご飯150 gをお弁当箱に入れて、フタを閉めずに「冷ます」5分冷却。ご飯の温度(中心、底、表面(5 mm下)の温度の平均値)が摂氏25度以下に到達(パナソニック測定)。

【報道関係者様 お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 広報課
TEL:03-5781-4183

【商品に関するお問い合わせ先】
パナソニック冷蔵庫 ご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-693(受付9時~18時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] パーシャル搭載冷蔵庫 NR-F655WPX 他2機種を発売(2019年2月13日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/02/jn190213-1/jn190213-1.html

<関連情報>
・パナソニック 冷蔵庫
https://panasonic.jp/reizo/

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース