隅田川で“かわてらす”を推進するための実施要項を策定

2018年03月07日  東京都庁 

2018年03月07日 建設局

隅田川で“かわてらす”を推進します
“かわてらす”で更なる水辺の利活用を進めるため、実施要項を策定

東京都では、水辺の更なる魅力向上と地域の活性化を目的とし、水辺で飲食が楽しめる“かわてらす【注1】”を社会実験により設置し、民間事業者による水辺の利活用を進めてきました。
このたび、手続きや許可条件等を取りまとめた「かわてらす実施要項」を策定しました。今後、隅田川において新たな“かわてらす“の実施事業者を受け付け、”かわてらす”の更なる推進を図ります。

【注1】″かわてらす”とは、夏の京都などでよく見られる「川床」の東京版です。特例占用【注2】により、河川管理者が区域を指定し、民間事業者は許可を受けて、“かわてらす“の設置と飲食店営業を行います。
【注2】河川占用許可準則「都市及び地域の再生等のために利用する施設に係る占用の特例」のこと。

「かわてらす実施要項」概要

1 対象エリア

  • 隅田川の右図のエリアとする。
  • 対象エリア以外及び他河川での実施は個別相談による。
(対象エリア)

2 “かわてらす“の利用方法

  • 実施事業者は、河川敷地に“かわてらす“を設置し、飲食スペースとして利用すること。
  • 飲食以外の用途を付加することは協議による。
(“かわてらす“の設置イメージ)

3 主な実施条件

  • 地域の合意が得られていること。
  • 地域貢献策(隅田川の魅力向上や地域活性化に資する取組等)を実施すること。

※本要項では、事業者が主体となって地域の合意を得ることができる等、設置までの調整手法の改善を図っている。

4 適用開始日

平成30年3月7日(水曜日)

5 実施要項

別紙1(PDF:452KB)参照。ホームページにも掲載しています。

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市」

問い合わせ先
建設局河川部計画課
電話 03-5320-5439

他の画像

配信企業情報

東京都庁
上場区分 -