平成30年度「不正大麻・けし撲滅運動」を実施します

2018年04月13日  和歌山県庁 

公開日 4月13日
平成30年度「不正大麻・けし撲滅運動」を実施します
連絡先 福祉保健部 薬務課
担当者 橋本・高木
電話 073-441-2663 (内線2665)
FAX 073-433-7118
E-mail e0504002@pref.wakayama.lg.jp
麻薬の原料となるけしが、日本各地で
自生しており、県内では昨年度約10千本の
自生けしが確認されました。
けしを免許なく所持・栽培することは法律で
禁止されていますが、「植えてもよいけし・
植えてはいけないけし」に関する判別知識の
不足から、観賞用として栽培する事例や、
自生けしが放置されてしまう事例が後を
絶ちません。

そこで和歌山県では、大麻やけしに関する
正しい知識の普及を図るとともに不正大麻・
けしを発見、除去するために、本年度も
「不正大麻・けし撲滅運動」を実施します。



1 実施期間平成30年4月16日から
同年6月30日まで

2 実施事項
(1)広報誌、報道機関、集会などを介し
て、この運動の普及啓発を実施し
ます。
(2)教育委員会等と協力し、児童、生徒に
対し、この運動の普及活動を行いま
す。
(3)関係機関と連携してパトロールを実施
し、不正に栽培・自生している大麻や
けしを発見したときには速やかに措置
を講じます。
(4)市町村役場、警察署等でポスターを
掲示し、パンフレットを配付します。

※大麻や植えてはいけないけしを発見した
場合は、
薬務課 又は 県立保健所(支所)
へご連絡ください。

他の画像

配信企業情報

和歌山県庁
上場区分 -