【人事担当者対象/若手社員のテレワークに関する調査】最も課題に感じた点は「モチベーションの把握」。テレワーク時に求めるスキルは「自己管理スキル」が最多で54.8%、次いで「自分から働きかけるスキル」。

2020/07/16  株式会社 学情 

若手社員の在宅勤務・テレワークに関して、人事担当者を対象にしたアンケートを実施しました。

株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、新型コロナウイルスの影響で、テレワークが実施・推奨されていることを受け、「若手社員のテレワーク実施」に関して、人事担当者向けのアンケートを実施しました。「若手社員のテレワーク実施」で課題になった点は、「モチベーションの状態がつかみにくい」が最多。直接コミュニケーションを取る機会がない中で、若手社員の状態をどのように把握するかに課題を感じている企業が多いことが分かります。在宅勤務・テレワークの際に、若手社員に求めるスキルは「進捗管理などの自己管理スキル」の回答が最も多く、次いで「自分から働きかけるスキル」となっています。今後テレワークの導入が加速・定着した場合、若手社員に「自律」と「自主性」がより一層求められると想定されます。


▼詳しくはこちらよりご覧ください。
https://service.gakujo.ne.jp/data/jobmarket/emergency202007-1

【TOPICS】
(1)テレワークで若手社員に期待するスキルは「自己管理スキル」「自分から働きかけるスキル」
(2)若手社員のテレワーク実施で課題となった点は「モチベーションの状態がつかみにくい」
(3)若手社員のテレワーク実施で良かった点は「オンラインツールへの順応が早い」

(1)テレワークで若手社員に期待するスキルは「自己管理スキル」「自分から働きかけるスキル」


在宅勤務・テレワークの際に、若手社員に期待するスキルは「進捗管理などの自己管理スキル」が最多で54.8%、次いで「自分から働きかけるスキル」50.2%となりました。オフィスで仕事をする際は、様子を見て上司や先輩から声をかけることができますが、在宅勤務・テレワークでは上司や先輩から声をかける機会はなかなかなく、本人から仕事の進捗や進め方に関する報連相がなければ、状況を把握することができません。受け身の姿勢では仕事を進めることができないため、自身で進捗を管理する「自律」と、質問や相談がある際に自分から働きかける「自主性」が求められていると推察されます。

(2)若手社員のテレワーク実施で課題となった点は「モチベーションの状態がつかみにくい」


若手社員の在宅勤務・テレワーク実施で課題になった点は「モチベーションの状態をつかみにくい」が最多で63.7%、次いで「報連相などのコミュニケーション不足」48.6%、「作業の進捗状況や成果の把握が難しい」が45.4%となりました。顔を合わせてコミュニケーションを取る機会がない中で、若手社員の状態をどのように把握するかに課題を感じている企業が多いことが分かります。

(3)若手社員のテレワーク実施で良かった点は「オンラインツールへの順応が早い」


若手社員の在宅勤務・テレワーク実施で良かった点は「オンラインツールの順応が早い」が最も多く、54.4%となりました。若手は、コミュニケーションツールなどを抵抗なく使えていることが分かります。2番目以降の項目は、「残業の削減」37.1%、「業務へ集中力の向上」26.2%、「生産性の向上」18.1%と続き、在宅勤務・テレワークの実施が「効率化」につながっていることが伺えます。

■調査概要
・対象:全国の企業
・調査期間:2020年7月3日~7月10日
・有効回答数:326件
・調査方法:企業および団体にWebアンケートを実施
・属性内訳:
 上場企業45社/非上場企業281社
 従業員数~99名72社/100~299名85社/300~999名87社/1000名以上82社
・回答企業の在宅勤務・テレワーク導入状況
 以前から導入している 17.5%
 新型コロナウイルス対策として導入した 59.5%
 導入検討中 4.3%
 導入予定はない 18.7%

■「あさがくナビ」とは
朝日新聞社とともにコンテンツを提供する、【業界初】の通年採用対応ジョブ型 新卒採用サイト。「職種別掲載」や「ダイレクトスカウト」機能、最新の「AI」機能、LINEでのコミュニケーションを可能にする「あさがくナビコミュニケーター」、「3ヵ国語対応」でグローバルスタンダードな職種別採用を実現します。掲載社数は2,251社、登録学生数約40万名。
https://www.gakujo.ne.jp/2021/

■株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業。法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資。15年以上前から、「20代通年採用」を提唱。会員数40万名以上の、【業界初】通年採用対応型 新卒採用サイト「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」や、会員数120万名以上の「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を軸に、業界で唯一20代の採用をトータルにサポートする大手総合就職・転職情報会社です。
また1984年に日本で初めて「合同企業セミナー〈就職博〉」を開催して以降、合同企業セミナーのトップランナーとして、年間延べ来場学生20万名以上の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、20代動員数No.1の「20代・30代対象の合同企業セミナー〈転職博〉」を運営。2019年には外国人材の就職・採用支援サービス「Japan Jobs」を立ち上げるなど、若手人材の採用に関する多様なサービスを展開しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会]https://company.gakujo.ne.jp

他の画像

関連業界