公立大学法人県立広島大学第三期中期目標の策定について

2019/03/15  広島県  

公立大学法人県立広島大学第三期中期目標の策定について

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月15日

1 要旨

広島県では,地方独立行政法人法第25条及び第78条に基づき,公立大学法人県立広島大学が達成すべき業務運営に関する目標である,「公立大学法人県立広島大学第三期中期目標(平成31~36年度)」を策定しました。

中期目標とは

中期目標とは,公立大学法人県立広島大学に対して,設立団体の長(広島県知事)から指示する,当該法人が達成すべき業務運営の目標です。策定に際しては,公立大学法人県立広島大学の意見を聴くとともに,広島県公立大学法人評価委員会の意見を踏まえて作成し,議会の議決を経る必要があります。
また,中期目標は,法人が「中期計画」(中期目標より詳細な活動方針や行動計画となるもの)を策定する際の指針となり,中期目標の6年間が終了した際には,その間の公立大学法人県立広島大学の業務実績について,評価を行うことになります。

2 経緯

●平成30年11月
第三期中期目標に関する広島県公立大学法人評価委員会の意見聴取

3 ダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)