ホワイトペーパー:「雪による太陽光パネル汚損への対策」 を近日無料公開!

2019/03/13  Solarplaza International BV 

ホワイトペーパーの無料ダウンロードは3月末より可能!

今回ソーラープラザ有限会社が作成したホワイトペーパーには、降雪地帯における太陽光発電所の最適な運用と、最大限の投資収益率(ROI)を得るために、太陽光発電パネルでの雪や氷の形成について知っておくべきことを調査し、公開します。


ホワイトペーパーに含まれているトピック:

雪によって起こりうる損害についての概要
雪による発電量の損失と、損失量を測定するための計算モデル
除雪をする際のベストプラクティスと最先端技術について
日本特有のケーススタディ
O&M戦略の違いについて


ホワイトペーパーは英語、日本語版ともに2019年3月末からダウンロードが可能になります。
(※当初は3月21日とありましたが、諸事情により延期となりました。)

下記のリンク先からサインアップいただくと、ホワイトペーパーがダウンロード可能になった際に、お知らせメールが届きます。

サインアップはこちら:http://bit.ly/2u1mVjU





太陽光発電プロジェクトにおいて、発電量の生産率やそのROI(投資収益率)に影響を与える要因は無数にあります。降雪はそれらの要因の1つであり、雪が太陽光パネルを覆うことで、冬の間の太陽光発電エネルギーの生産が減少します。

カナダ、ドイツ、日本など一定の量の降雪が見込まれる国における太陽光発電設備の設置量は飛躍的に増加しているため、資産所有者はサイトにおける雪による発電量の損失を懸念しています。また、上記で挙げた国々は、2017年末時点で世界の太陽光発電累積容量の24%以上を占めていることがわかっています。

より正確な出力の予測をするため、そして太陽電池パネルへの降雪の影響を軽減するためには、雪が太陽光発電システムの性能にどのように、そしてどの程度まで影響を与えるかをしっかりと理解することが極めて重要になります。

このホワイトペーパーのテーマ「雪対策」は5月30・31日に開催される「ソーラーアセットマネジメントアジア2019」のカンファレンスの講演でも取り上げられます。また、ホワイトペーパーはモットマクドナルド社と、ファーストソーラー社のご協力のもと作成いたしました。


こちらからもご確認いただけます:http://bit.ly/2u1mVjU


弊社コンテンツのダウンロードはすべて無料です。サインアップいただくと、コンテンツやカンファレンスの情報を受け取ることができます。


ソーラーアセットマネジメントアジア2019について

ソーラーアセットマネジメントアジアは、日本で唯一、日本の太陽光発電所のO&M・アセットマネジメントに特化したテーマで講演を展開するカンファレンスです。
運用中の太陽光発電所およびPVポートフォリオの最適化に焦点を当て、すべての主要トピックをカバーし、海外からも多くの方が参加するこのイベントでは、国内に限らず、海外のケーススタディも学ぶことができます。

今年のカンファレンスでは雪対策はもちろん、発電所の経年変化の検出および診断の ケーススタディ、O&M契約の種類、認証制度や主任技術者の不足問題、O&Mのインハウス化の利点、プラント保全の最適化、資産管理へのデジタルツール導入、出力抑制の影響、分散型発電モデル、水上太陽光発電のポテンシャル、PV資産のリスク軽減、リファイナンス戦略、発電所のリパワリング、PV業界を震撼させる新たな技術や革新的サービスの可能性、将来を見据えたビジネスについてなどのトピックで講演を展開します。

詳細は以下からご確認ください:

ウェブサイト:http://bit.ly/2WXBbaN
講演者情報:http://bit.ly/2O1vrJ4
講演プログラム1日目:http://bit.ly/2NXmBMp
講演プログラム2日目:http://bit.ly/2XRyIPo
2018年度の開催実績:http://bit.ly/2VR4NVO


他の画像

関連業界