TASAKI、ミャンマーでの奨学金制度「TASAKIスカラーシップ」第二期をスタート

2019/03/15  株式会社 TASAKI 

TASAKI(株式会社TASAKI 神戸本社:神戸市中央区港島中町6-3-2 東京本社:東京都中央区銀座5-7-5 取締役兼代表執行役社長 田島寿一)は、自社保有の2つの真珠養殖場を運営しているミャンマー連邦共和国にて、2017年12月より実施している奨学金制度「TASAKI スカラーシップ(TASAKI Scholarship)」の第二期奨学生として新たに6名を選出し、2019年度のプログラム対象となる第一期、第二期の学生たち計12名への奨学金の給付を開始しました。


TASAKIは1997年にミャンマーで南洋真珠(白蝶)養殖事業を開始し、アンダマン海に臨む美しい島々からなるメルギー諸島(Mergui Archipelago)にあるドーメル島(Domel Island)で南洋真珠(白蝶)養殖場を20年以上にわたり運営してきました。また2017年からは、同メルギー諸島内のシスター島(The Sisters)でも真珠養殖場の運営を行っています。

「TASAKIスカラーシップ」は、タニンダーリ地方域でメルギー諸島へのゲートタウンとして栄えるベイの人々のますますの発展をサポートするべく2017年に創設されました。同奨学金制度は、経済的サポートを必要とする、ベイを拠点とする学生たちの大学進学を支援することを目的とし、大学在学中の全期間(一般大学は4年、医学系大学は6年)を通じて、各人に対し月額でUS$150を支援するものです。社会的立場や学業成績、ジェンダーの平等といった視点から、同奨学金制度による第一期、第二期とも奨学生として各6名を選出し、2019年3月現在、12名の学生を対象に奨学金の給付を行っています。

TASAKIは今後も「TASAKIスカラーシップ」を通じて、ミャンマー連邦共和国と日本双方のますますの発展の一助となるべく活動してまいります。

他の画像

関連業界