坂口健太郎さんが「AERA」表紙に“初”登場!撮影は蜷川実花

2018年04月07日  株式会社 朝日新聞出版 

インタビューでは、普段は見せない「普段の坂口健太郎」が。

ニュース週刊誌「AERA」は、4月9 日発売の4月16日号の表紙に、俳優の坂口健太郎さんを起用しました。本誌表紙フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしです。



坂口健太郎さんは、4月10日スタートの「シグナル 長期未解決事件捜査班」で連続ドラマ単独初主演。インタビューでは、初めて主演俳優として臨む撮影での「ふるまい方」について、「主演として役をもらってる役者として張らなきゃいけないところが出てくるだろうなと思います。あえて空気を読まないというか、ちゃんと伝える瞬間が必要になるだろうなって」などと語っています。演じる役との比較から、自分自身についても分析。普段は見せない「普段の坂口健太郎」を知ることができます。

インタビューページの撮影も蜷川実花。終始リラックスムードでカメラの前に立ち、自然体の笑顔やちょっとおちゃめな表情を見せています。

AERA (アエラ) 2018年 4/16 号【表紙:坂口健太郎】
定価:390円(税込)
発売日:2018年4月9日
https://www.amazon.co.jp/dp/B07BQNMYR1/

他の画像

配信企業情報

株式会社 朝日新聞出版

住所

東京都中央区築地5-3-2 MAP
上場区分 -

業界