安定動作で音楽制作を快適にする『URシリーズ』に新ラインアップが登場 - スタインバーグ USBオーディオインターフェース『UR-RT4』『UR-RT2』- RND社製トランスフォーマーを採用し、存在感のある音質による歌声や楽器の録音を実現 -

2018年04月10日 

2018年04月10日

安定動作で音楽制作を快適にする『URシリーズ』に新ラインアップが登場

スタインバーグ USBオーディオインターフェース
『UR-RT4』『UR-RT2』

- RND社製トランスフォーマーを採用し、存在感のある音質による歌声や楽器の録音を実現 -

PDFダウンロード(723KB)

画像ダウンロード

『UR-RT4』フロント画像

画像ダウンロード

『UR-RT2』フロント画像

株式会社ヤマハミュージックジャパン(注1)は、Steinberg Media Technologies GmbH(注2、以下、スタインバーグ社)とヤマハ株式会社との共同開発によるスタインバーグブランドのUSBオーディオインターフェース『UR-RT4』『UR-RT2』を2018年4月24日(火)に発売します。

価格と発売日

品名 品番 価格 発売日
スタインバーグ USBオーディオインターフェース UR-RT4 オープンプライス 4月24日(火)
UR-RT2 オープンプライス 4月24日(火)

製品の概要

このたび発売する『UR-RT4』『UR-RT2』は、iPad / iPhone / iPod touch / Mac / Windowsで動作し、安定動作のもと、色付けのない透明感ある音質で録音・再生可能なUSBオーディオインターフェース「URシリーズ」の新ラインアップです。24bit/192kHzに対応したディスクリートClass-Aマイクプリアンプ「D-PRE」を搭載し、高感度マイクやエレキギターやベースなど幅広い入力ソースに対応するほか、新たにRupert Neve Designs社(注3、以下RND社)の高品位なトランスフォーマーを採用しました。また、デジタル・オーディオ・ワークステーション(以下DAW)ソフトウェア「Cubase AI」を付属しているため、購入したその日から音楽制作をはじめることが可能です。

画像ダウンロード

(上)『UR-RT2』、(下)『UR-RT4』

詳細は以下の通りです。

主な特長

1.RND社製トランスフォーマーを採用し、より太く艶(つや)のある音質での録音を実現

『UR-RT4』『UR-RT2』は、フロントの入力部にディスクリートClass-Aマイクプリアンプ「D-PRE」を4基(『UR-RT2』は2基)搭載し、Ch1/Ch2(『UR-RT2』はCh1のみ)のTRS入力はHi-Z切り換えができるため、エレキギターやベースをダイレクトに接続することが可能です。また、新たにRND社製トランスフォーマーを採用し、「D-PRE」の後段に配置することで、フロントのスイッチをオンにすると、音に同社特有の自然で心地良いサチュレーション(緩やかな歪み)が加わり、太くて艶を持った存在感のある音質での録音を実現します。リアには、TRS出力×4(『UR-RT2』はTRS出力×2)、MIDI入出力を搭載しているため、シンセサイザーなどのMIDI楽器やパワードモニタースピーカーなどを接続し、本格的な音楽制作環境を構築できます。

画像ダウンロード

RND社製トランスフォーマー
※画像は『UR-RT4』

2.Mac / Windows / iPadに加え、iPhone / iPod touchにも対応

WindowsやMac、iPadに加え、iPhoneやiPod touchとの接続*にも対応しました。スタインバーグ社のマルチタッチ対応DAW「Cubasis LE」(無償)などのiPad対応音楽制作アプリケーションと組み合わせれば、高音質なレコーディングをシンプルなセッティングで実現できます。

  • ※iPadとの接続には、「Apple iPad Camera Connection Kit」または「Lightning - USBカメラアダプタ」が必要となります。

3.ストリーミング配信に便利なループバック機能

「ループバック機能」は、インターネットの動画配信などに便利な機能です。本体の入力端子に入力されているオーディオ信号(マイク、ギターなど)と、コンピューター内で使用中のソフトウェアから再生されているBGMなどのオーディオ信号を本体内で2チャンネルにミックスし、コンピューターを通じてインターネットに配信することができます。

4.24bit/192kHz対応「Cubase AI」ダウンロード版を付属

製品付属のダウンロードアクセスコードにてインターネットより最新のWindowsやMacに対応するデジタル・オーディオ・ワークステーション・ソフトウェア「Cubase AI」をダウンロードできるため、『UR-RT4』または『UR-RT2』を購入したその日から24bit/192kHz対応の音楽制作・レコーディング環境を構築することができます。

『UR-RT4』『UR-RT2』本体仕様

UR-RT4 UR-RT2
接続方式 USB 2.0
最大ビットレート /
最大サンプリングレート
24bit / 192kHz
入出力合計 6 IN / 4 OUT 4 IN / 2 OUT
アナログ入力 4 Combo(Ch1/2のTRS入力はHi-Z切換え可能), 2 TRS 2 Combo(Ch1のTRS入力はHi-Z切換え可能), 2 TRS
マイク入力 4 (D-PRE with RND Transformer) 2 (D-PRE with RND Transformer)
HI-Z入力 2 1
アナログ出力 4 2
ヘッドホン端子 2 1
その他機能 ループバック機能、iPad / iPhone / iPod touchとの接続*
※「Apple iPad Camera Connection Kit」または「Lightning - USBカメラアダプタ」が必要。
DSP Mixer / Effects 「dspMixFx」 / 「Sweet Spot Morphing Channel Strip」、「REV-X」、「Guitar Amp Classics」
バンドルソフトフェア ・64ビット浮動小数点オーディオエンジン搭載DAW「Cubase AI」 ・VSTエフェクトバンドル「Basic FX Suite」 ・iPad用マルチタッチDAW「Cubasis LE」 ・iPad/iPhone用ミキサーアプリ「dspMixFx」
サイズ(W×H×D) /
質量
267 × 47 × 208 mm / 2.4 kg 198 × 47 × 208 mm / 1.7 kg
同梱品 ・電源アダプター(PA-150Bまたはヤマハ推奨の同等品) ・TOOLS for UR-RT CD-ROM ・スタートアップガイド (冊子、保証書付き) ・CUBASE AI DOWNLOAD INFORMATION (紙) ・ESSENTIAL PRODUCT LICENCE INFORMATION (紙) ・USBケーブル

『UR-RT4』『UR-RT2』本体動作環境

Mac Windows
対応OS OS X 10.11
macOS 10.12 / 10.13
Windows 7 SP1 / 8.1 /10
(32bit/64bit)
CPU Intel デュアルコアプロセッサー Intel / AMD デュアルコアプロセッサー
必要メモリー 2GB 以上
ハードディスク 1.2GB 以上の空き容量
ディスプレイ 1280×800 ピクセル以上 - フルカラー
その他 ・CD-ROMドライブ ・USB2.0端子 ・インターネット接続環境(最新ドライバーダウンロードの際に必要) ・CoreAudio/ASIO/WDMと互換性のあるホストアプリケーションソフトウェア ・CC mode 使用時の動作条件 : iPad 2 / iPhone 5 / iPod touch 5 以降

「Cubase AI」動作環境

Mac Windows
対応OS OS X 10.11
macOS 10.12 / 10.13
Windows 7 / 8.x / 10
(全て64bit版のみ)
CPU 64bit Intel / AMD デュアルコアプロセッサー(Intel i5以上推奨)
必要メモリー 推奨 RAM サイズ: 8 GB (最低 4 GB 以上)
ハードディスク 12GB 以上の空容量
オーディオデバイス Core Audio 対応デバイス Windows対応デバイス (ASIO 対応推奨)
ディスプレイ 推奨ディスプレイ解像度: 1920 × 1080 (最低 1366 × 768 以上)
グラフィックボード
(Windowsのみ)
- Direct X 10、WDDM 1.1 に対応
(オンボードを含む)
その他 インターネット環境:ダウンロード、インストール、ライセンスアクティベーション、ユーザー登録等
* インストール時にアプリケーションや関連データ等のダウンロードが必要です
* 高速ブロードバンドインターネット環境を推奨いたします
  • * 前頁の動作環境・推奨環境を満たしている場合でも、全てのコンピューターにおける動作を保証するものではありません。コンピューターの総合的な性能によりパフォーマンスに違いがあります。
  • * 前頁の動作環境は2018年4月10日現在のものです。動作環境は今後変更になる可能性がありますので、最新バージョンはjapan.steinberg.netにてご確認ください。
  • * Cubase AIライセンスのアクティベーションを行うためにはコンピューターがインターネット接続されている必要があります。コピープロテクション方式は「Soft-eLicenser」となります。

  • 1) 株式会社ヤマハミュージックジャパン
    日本国内における楽器・音響機器卸販売および教室事業を行うヤマハ株式会社の100%子会社。
    本社:東京都港区。
  • 2) Steinberg Media Technologies GmbH
    音楽制作用ソフトウェア等の開発、販売を行うヤマハ株式会社の100%子会社。1984年設立。
    本社:独・ハンブルグ市。
  • 3) Rupert Neve Designs社
    レコーディング技術のパイオニアである Rupert Neve氏により設立された音響機器メーカー。オーディオレコーディングと音楽制作の黎明期から、ハイクオリティサウンドの代名詞として知られ、数々の名盤の録音に用いられています。
    本社:米・テキサス州
  • *文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
  • ※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
    発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

関連リンク

関連画像

『UR-RT4』リア画像
133KB

『UR-RT2』リア画像
214KB

同じカテゴリーのニュースリリース

ニュースリリースについて

Twitter

ヤマハのニュースリリースをTwitterで配信しています。

YouTube

主な記者発表の模様をYouTubeで配信しています。

この企業のニュース