再生可能エネルギーの固定価格買取期間が満了するお客さま向けの新サービスの導入について

2019/04/22  四国電力 株式会社 

平成31年4月22日

四 国 電 力 株 式 会 社

再生可能エネルギーの固定価格買取期間が満了する
お客さま向けの新サービスの導入について

当社は現在、国の再生可能エネルギーの固定価格買取制度にもとづき、住宅用太陽光発電の余剰電力を購入しておりますが、本年11月以降、買取期間の満了を迎えるお客さまを対象に、

・ 当社を仮想蓄電池とみなし、お客さまよりお預かりした余剰電力が自家消費されたものとして、その相当分を電気料金から割り引く「ためトクサービス」
・ 新たな買取単価により、引き続き余剰電力を購入する「買取プラン」
・ 蓄電池の設置をご希望されるお客さま向けの「蓄電池購入プラン」

を導入することといたしました。 当社といたしましては、貴重な再生可能エネルギーを最大限活用するとともに、これからもお客さまの多様なニーズにお応えできるよう、各種サービスの充実・強化に努めてまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.yonden.co.jp/press/2019/__icsFiles/afieldfile/2019/04/22/pr010.pdf

関連業界