京都駅商業施設の大規模リニューアル

2018年02月14日 

2018年2月14日

京都駅商業施設の大規模リニューアルについて

西日本旅客鉄道株式会社
京都駅ビル開発株式会社
株式会社ジェイアール西日本伊勢丹
株式会社京都駅観光デパート
株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット

1997年9月にグランドオープンした京都駅ビルは、おかげさまで20周年を迎えております。世界有数の観光都市「京都」の玄関口である京都駅は、1日約20万人を超えるお客様にご利用いただいており、年々増加しております。今後も増加が見込まれるインバウンドをはじめとした観光客、駅のご利用者、地域の皆様に、「より便利に」「より快適に」お買い物いただける商業施設を目指して、大規模リニューアルに着手いたします。ジェイアール京都伊勢丹においては、開業以来最大規模となるリニューアルであり、低層階の刷新により、更なる魅力向上を図ります。

詳細

1 リニューアルの概要
売場の再配置、品揃えの拡大などにより、増加する駅のご利用者のニーズに応えるとともに、京都ならではの価値、新しいモノ・コトの提案により、新たな顧客層の獲得を図ります。

(1)駅ナカ商業施設
お客様の流動に合わせて、駅ナカ商業施設の配置を抜本的に見直します。
・土産物の売場を改札周辺に大規模に集積し、品揃えを充実・拡大
・コンビニエンスストア、食品、ドラッグストアの充実など、デイリーニーズに対応
・コインロッカー増設、外貨両替機設置など、観光・旅行ニーズに対応

(2)ジェイアール京都伊勢丹(地下1階、2~5階)
「京都と世界」・「伝統と革新」をキーワードに、「最高のグローカル(グローバル&ローカル)ストア※を目指します。」
(※京都ならではの魅力に世界基準の価値を取り入れて新しいを提案します。)
・地下1階を増床して、和洋菓子・和洋酒・パン売場を拡大し、「格」と「新しさ」を創造
・ 化粧品、婦人靴、バッグなどブランドラインナップ充実により京都最大級の雑貨ワールドを実現
・トレンドのファッション、旬なデザイナーズブランドが揃う高感度な婦人服フロアに刷新

2 スケジュール
2018年2月より順次着工

(1)駅ナカ商業施設
2019年春 全面開業

(2)ジェイアール京都伊勢丹
・地下1階:2018年末~2019年初 全面開業
・2~5階:2020年春 全面開業

3 リニューアル範囲
リニューアル範囲の詳細については、こちらをご覧ください。(PDF形式:443キロバイト)

4 その他
ジェイアール京都伊勢丹を運営する株式会社ジェイアール西日本伊勢丹では、財務体質の健全化と今後の更なる事業の成長を図ることを目的として、2018年3月13日付で西日本旅客鉄道株式会社と株式会社三越伊勢丹ホールディングスを引受先とする増資を実施し、合わせて減資を実施する予定です。
・増減資後の資本金:100百万円

5 京都駅ビルの概要

(1)所在地
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

(2)開業日
1997年9月11日

(3)主要用途
駅、物販・飲食店舗、百貨店、劇場、ホテル

(4)延床面積
約238,000平方メートル

(5)店舗運営者
京都駅ビル開発株式会社、株式会社ジェイアール西日本伊勢丹、株式会社京都駅観光デパート、株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネットなど

6 ジェイアール京都伊勢丹の概要

(1)所在地
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

(2)開業日
1997年9月11日

(3)売場面積
約44,000平方メートル

(4)営業時間
午前10時から午後8時まで(レストラン街 午前11時から午後10時まで)

(5)施設運営者
株式会社ジェイアール西日本伊勢丹

この企業のニュース