Oceans株式会社との資本業務提携に関するお知らせ [株式会社カイカ]

2017/09/26  株式会社 フィスコ 

平成 29 年9月 26 日
各 位
東京都目黒区大橋一丁目5番1号
株式会社カイカ
代表取締役社長 牛 雨
(JASDAQ:2315)
問合せ先:取締役 矢沼 克則
℡ 0 3 - 5 6 5 7 - 3 0 0 0(代表)

Oceans 株式会社との資本業務提携に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、Oceans 株式会社(以下、「Oceans」といいます。)との間で、資本業務提携を行うことを決議いたしましたので、下記のとおり、お知らせいたします。



1.資本業務提携の理由

Oceans は、平成 28 年8月、株式会社サイバードの創設者である堀主知ロバート氏によって設立されました。日本を世界一アスリートとファンの絆の深い国にしたいというビジョンの元「KIZUNA プロジェクト」を発足し、スマホ向けアプリでのサービスの開発を進めてきました。

アスリートとファンの直接的かつ双方向なコミュニケーションは従来型 SNS より深い絆を生み出し、その深い絆故の①サポーターの経済的支援機会と②顕在化されたファン数を根拠とした支援企業の獲得という機会を生み出すものと考え、アスリート、ファン、企業それぞれが利益実現する三位一体の応援プラットフォームを目指しております。

一方当社は、40 年以上にわたり金融業をはじめ製造・公共・流通等のシステム開発の実績を有しており、現在、フィンテック関連ビジネスを戦略的注力領域に掲げ、特にブロックチェーン技術と AI に注目し、様々な取り組みをおこなっております。ブロックチェーン実証実験サポートの案件の他、勤怠管理にブロックチェーン技術を適用したシステム「ブロックログ」の開発、ビットコイン決済にかかる開発、AI 株価予想システムの開発等を手掛けました。さらに平成 29 年8月、当社は、テックビューロ株式会社における、仮想通貨を使った資金調達用 ICO ソリューション「COMSA」の開発パートナーを務めております。

当社は、上記「KIZUNA プラットフォーム」の構想に賛同し、この度 Oceans が実施する第三者割当増資の一部を引き受けることといたしました。また「KIZUNA プロジェクト」の実現には、IT 活用は不可欠であると考えられ、ブロックチェーン関連のシステム開発や、トークンを活用した事業展開が想定されます。当社はシステムの初期開発のみならずサービス拡充に伴う様々なシステム開発を担ってまいる所存です。

2.資本業務提携の内容等

(1)業務提携の内容
① 当社は、Oceansの主要事業であるKIZUNAプロジェクトなどのITを活用したサービスのシステム開発を行う
② 当社は、Oceansが、ブロックチェーン技術およびトークンを応用したサービスを実施する場合、その開発を行う
③ 上記に関連する事業

(2)資本提携の内容
Oceansが第三者割当増資により新株式を発行し、その一部を引き受けます。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.fisco.co.jp/uploads/oceans.pdf

関連業界