お米選びを任命された旦那さんにおすすめ!今秋穫れたて新米4種食べ比べ「よしだのよいお米おた飯セット」販売開始!

2017年10月13日 

滋賀県のコメ生産農家「しんぱ農場」(滋賀県犬上郡豊郷町吉田33番地 代表 渡辺篤則)は、10月15日より、今秋穫れたての新米4種をセットにした「よしだのよいお米おた飯セット」の販売を開始いたします。

子供の頃から米作りに携わり続け、百姓歴60年以上。 平均年齢66歳の集落営農団体が生産する自慢のお米「よしだのよいお米」 ツヤツヤに輝いた白米を食べる喜びを実感してほしいと、この度初めて一般消費者への販売を開始いたします。 今秋穫れたばかりの田舎の美味しいお米を是非ご賞味ください。





【商品概要】

近江米よしだ産の新米4種「コシヒカリ」「みずかがみ」「キヌヒカリ」「農家が食べてるお米」を
2合ずつの小袋にパッケージした「新米おた飯セット」です。

・妻にお米選びを任命されたけれど、どのお米を選べばいいのかわからない旦那さん。
・品種の違いでそんなに味が変わるの?
・自分の口にあったお米に出会いたい。

そんな方に「新米おた飯セット」はぴったりです。



【新米おた飯セット詳細】

内容量:4品種を各2合ずつ(4×約300g)
おいしく食べられる目安:精米日から約50日
保存方法:直射日光を避けた室温、湿度の低い場所(出来れば冷蔵庫の野菜室)で保存してください
販売価格:2200円(税抜・送料無料)
商品販売ページ:https://gigaplus.makeshop.jp/shimpa/lp/

【近江米・環境こだわり米について】

滋賀県で穫れたお米を総称して「近江米」と呼びます。
滋賀県では近畿1400万人の水源となっている琵琶湖を守るため、農薬や化学肥料の使用、
濁水の排水や漏水が厳しく制限・管理され、環境への負担を減らすために『環境こだわり農業推進条例』を制定し、全国でも類を見ない環境に配慮した農業に取組んでいます。

肥料は有機肥料のみを使用。有機肥料はたい肥、米ぬか、家畜の糞等を発酵・熟成させて作られるため
肥料ができるまでに時間と手間はかかりますが、その分お米を作るのに最適な土が出来上がります。
また、収穫前には残留農業の検査も行っています。
徹底的に監視・管理されたお米のみが環境こだわり米として認定を受け、販売することが可能となります。



【吉田について】

このお米の産地「吉田」は、滋賀県で一番小さな自治体、豊郷町に在ります。
鈴鹿山脈から流れる豊かな水に恵まれた湖東平野に近江米よしだ産の田んぼはあります。

岩倉川・小増川・宇曽川の3本の川が流れ、豊富な水分を含んだ土地からは、いたる箇所に湧き水も存在していたほど昔から肥沃な水田の連なる稲作に適した土地でした。

古代にはこの土地は善田郷と呼ばれており、昔から米作りが盛んに行われています。

彦根城で有名な彦根藩主、井伊大老から酒造りを命じられた酒蔵(岡村本家)が吉田で150年以上酒造りを続けておられるのも水が綺麗で、良いお米が穫れるからです。

このような土地で、伝統的な農法に改良を加え続けて作られてきたのがこれらの「よしだ」のお米たちです。
豊かな郷の善い田んぼ「よしだのよいお米」を是非ご賞味ください。


【販売元】

新八農場
〒529-1165 滋賀県犬上郡豊郷町吉田33番地

〈参考URL〉
よしだのよいお米 ウェブショップ http://yoshida-yoiokome.jp/

新米4種食べ比べおた飯セット https://gigaplus.makeshop.jp/shimpa/lp/

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら