フィリピン共和国におけるLNG受入基地の建設および運営事業に関する共同開発契約の締結について

2018年12月05日  東京瓦斯 株式会社 

フィリピン共和国におけるLNG受入基地の建設および
運営事業に関する共同開発契約の締結について

東京ガス株式会社
平成30年12月5日
広報部

東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、12月5日、フィリピン共和国ファースト ジェン社(社長/最高執行責任者:ガイルズB・プノ、以下「FGEN」)とLNG受入基地の建設および運営事業(以下「本事業」)に関する共同開発契約を締結しました。東京ガスがフィリピンにおけるエネルギーインフラ事業開発に参画するのは初めてとなります。

本事業は、フィリピン国内で今後減産・枯渇が予測される天然ガスに代わりLNGが導入されることに向けて、東京ガスとFGENが共同で国内初となるLNG受入基地の建設および運営を目指すものです。

FGENは、フィリピンの財閥企業であるロペスグループの発電事業会社であり、フィリピン国内における全天然ガス火力発電容量の約6割を保有している国内最大の天然ガス需要家です。

東京ガスは、1969年11月4日に日本で初めてLNGを導入しました。2019年、LNGは導入50周年を迎えます。東京ガスグループは、今後も総合エネルギー事業に関わる技術・ノウハウを活かし、東南アジア・北米において事業展開するお客さまへのエネルギーソリューションや、現地のエネルギーインフラ構築などに貢献していくとともに、現地エネルギー会社とのアライアンスなどを通じて、現地におけるバリューチェーン展開にもチャレンジしてまいります。

FGEN社の概要

会社名称 ファースト ジェン コーポレーション
(First Gen Corporation)
社長/最高執行責任者 ガイルズB・プノ
設立年月 1998年12月
本社所在地 フィリピン共和国パシッグ市
資本金 2,464百万米ドル
上場先 フィリピン証券取引所
株主構成 First Philippine Holdings Corporation(ロペスグループ中核持株会社)66.2%他
主な事業内容 天然ガス火力発電事業、地熱発電・風力発電・水力発電・太陽光発電等の再生可能エネルギー資産の保有及び運営事業。

配信企業情報

東京瓦斯 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区海岸1-5-20 MAP
上場区分 東証1部

業界