【導入事例】モスバーガーがスマートフォンでの閲覧に特化した動画広告をSNS4媒体で配信。販売件数が1.3倍増に。

2018年03月08日  アライドアーキテクツ 株式会社 

【導入事例】モスバーガーがスマートフォンでの閲覧に特化した動画広告をSNS4媒体で配信。販売件数が1.3倍増に。リニューアルした定番商品を訴求するためスマートフォンで閲覧されることを意識した動画を企画。 Facebook・Instagram・Twitter・LINEで動画広告を配信し今まで接点のなかった「テレビを見ない層」の食欲をそそり、販売件数増加に結びつけました。

2018年03月08日

PDFファイルで表示


  • 株式会社モスフードサービス
会社名 株式会社モスフードサービス
事業内容 フランチャイズチェーンによるハンバーガー専門店「モスバーガー」の全国展開
関連サイトURL モスバーガー公式Facebookページ:https://www.facebook.com/mosburger
モスバーガー公式Twitterページ:https://twitter.com/mos_burger
サービス紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=59axuScpqtw

導入経緯

モスバーガーは1972年の1号店オープン以来、日本人の嗜好にあったおいしい商品と真心のサービスで愛され続けるハンバーガー専門店。2017年の創立45周年を機に、定番商品である「モスバーガー、テリヤキバーガー」のバンズとソースのリニューアルを行うにあたり、動画を活用したプロモーション施策を検討していました。
これまでは主にテレビCMを中心としたプロモーションを実施していましたが、近年のテレビ離れの影響で、テレビを見ない層に多くの情報を届けることができずにいました。テレビを見ない層は20~30代、通学通勤やランチ、寝る前にスマホをかかさずチェックし、コンテンツ系動画を流し見ているような層だと想定し、このターゲットに向けて情報を届けるためSNS広告の活用を検討。ターゲットに効果的に動画をリーチさせ、リニューアルした定番商品の認知を広げるべく、アライドアーキテクツに依頼しました。

課題と成果

これまで感じていた課題

  • テレビCMではリーチできないターゲットに情報を届けることができていなかった。
  • SNS広告を活用してリニューアルした定番商品のおいしさを伝えたかったが、SNSでどのようにユーザーの興味を引くことができるのかがわからず施策を打てずにいた。

導入後の成果・結果

  • Facebook、Instagram、Twitter、LINEの4媒体で、配信ターゲットを絞り動画広告を実施。広告経由での動画の再生回数が457万回を記録。ターゲットとの新たな接点を構築し、商品に対する興味喚起に成功。
  • 動画広告からEC注文サイトへ流入を促し、オンライン上での販売件数が1.3倍に増加。

具体的な施策内容と成功のポイント

他の画像

配信企業情報

アライドアーキテクツ 株式会社東証マザーズ
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都渋谷区恵比寿1-19-15ウノサワ東急ビル4F MAP
上場区分 東証マザーズ

業界