河川愛護月間行事(川を歩こう等)の参加者を募集

2018年05月17日  東京都庁 

2018年05月17日 建設局

川を歩こう・施設見学(河川愛護月間関連行事)の参加者を募集します!
つなごう未来へ!身近な水辺 東京の川

7月は河川愛護月間です。東京都では、東京の川への親しみや愛着を持っていただくため、この期間に河川愛護に関わる各種行事を開催します。ぜひご参加下さい。
〔※参考 河川愛護月間について〕
良好な河川環境の保全・再生などの推進や、河川愛護意識の醸成を目的として、毎年7月を河川愛護月間とし、国土交通省及び東京都をはじめ、各自治体が様々な行事に取り組んでいます。

かわいこちゃん

1 川を歩こう

身近な自然環境である河川により親しんでいただくため、川沿いを歩きながら川の様子や歴史、川づくりなどについて解説します。日ごろ何気なく歩いている川をより身近に感じることができるイベントです。

コース名

開催日時

ルート

募集人数

A隅田川コース

7月1日(日曜日)9時15分~12時30分

墨田区吾妻橋発着場(東京水辺ライン乗船)~越中島発着場(下船)~明石町聖路加タワー前

100人

B石神井川コース

7月7日(土曜日)9時30分~12時00分

板橋区役所~音無親水公園

100人

C多摩川コース

7月12日(木曜日)9時30分~12時00分

鳩ノ巣駅~鳩ノ巣渓谷~白丸ダム魚道【注1】

50人

D南浅川コース

7月14日(土曜日)9時30分~12時30分

高尾山ケーブルカー(高尾山駅)~JR高尾駅前【注2】

50人

【注1】C 多摩川コースは、一部滑りやすい岩や道路が狭い箇所があります。
【注2】D 南浅川コースは、登山道を利用するため道幅が狭く急な山下りがあります。

2 施設見学

(1) 大雨から街を守る地下調節池見学(荏原調節池(えばらちょうせつち))

品川区西五反田
荏原市場跡地に幅約59~75メートル、深さ30.5メートル、長さ約126メートルの洪水対策用の調節池があります。この施設の役割やしくみなどについて、スタッフが現地で解説します。

  • 開催日:7月20日(金曜日) 14時00分~16時00分
  • 募集人数:40人

(2) 環七地下の巨大トンネルを体験(環状七号線地下調節池(かんじょうななごうせんちかちょうせつち))

杉並区堀ノ内
環状七号線の地下約45メートルに直径12.5メートル、長さ4.5キロメートルの洪水対策用の調節池があります。この施設の役割やしくみなどについて、スタッフが現地で解説します。

  • 開催日:7月21日(土曜日) 9時30分~12時00分の間を4回に分けて実施(各回60分程度)
  • 募集人数:200人

※別添 応募方法等詳細資料(PDF:206KB)

問い合わせ先
建設局河川部計画課
電話 03-5320-5425

他の画像

配信企業情報

東京都庁
上場区分 -