「広島市西部水資源再生センター 消化ガス発電事業」 発電式を開催

2018年03月29日 

2018 年 3 月 29 日
月島機械株式会社

「広島市西部水資源再生センター 消化ガス発電事業」 発電式を開催

月島機械株式会社(社長:山田 和彦)は、広島市(市長:松井 一實)と締結した「広島市西部水資源再生センター 消化ガス発電事業」(以下、「本事業」)に関する事業契約に基づく発電設備を建設し、3 月 29 日に発電式を行いましたのでお知らせいたします。

本事業は、民間企業が自らの資金とノウハウを活用して発電設備を建設し、下水処理場で発生する消化ガス(バイオガス)を広島市から購入して20年間の発電事業を行うものです。発電した電気は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく固定価格買取制度を利用して、民間企業が電気事業者に売却します。広島市は、事業資金、資産の所有の必要がなく、建設用地および消化ガスを提供することで対価を得て、その対価は市の下水道事業の円滑な推進に活用されます。

当社は、下水処理場における汚泥処理に強みをもち、汚泥消化設備、ガス貯留設備および発電設備の豊富な実績を誇るとともに、上下水道におけるPFI・DBO事業をはじめとした「ライフサイクルビジネス」を積極的に展開し、長期事業運営に必要な豊富な実績とノウハウを培ってきました。

本事業においても、そのノウハウを最大限に活用することで、効率的で安定した発電事業の運営を行ってまいります。

当社は、これからも地球温暖化防止と循環型社会の構築に貢献する消化ガス発電事業の普及拡大に向けて、積極的に取り組んでまいります。

発電開始式
消化ガス発電設備

■本事業の概要
1.事業名: 広島市西部水資源再生センター 消化ガス発電事業
2.事業場所: 広島県広島市西区扇1丁目1 1(広島市西部水資源再生センター内)
3.施設概要: 消化ガス発電設備 1式
設備容量 1,116kW (ガスエンジン558kW×2台)
4.年間発電量: 約690万kWh (一般家庭 約1,900世帯相当)
5.発電事業期間 : 2018年 4月 ? 2038年 3月(20年間) を予定
6.発電設備認定 : 2017年2月に発電設備の認定を取得済み
7.事業スキーム
《本リリース に関するお問い合わせ先》
月島機械株式会社 経営企画部(広報・IR 担当) TEL 03-5560-6513
《消化ガス発電事業 に関するお問い合わせ先》
月島機械株式会社 水環境事業本部 PPP 事業推進室 TEL 03-5560-6540

以 上

この企業のニュース