車内防犯カメラの整備について

2018年04月03日 

2 0 1 8 年 4 月 3 日
東日本旅客鉄道株式会社

車内防犯カメラの整備について

JR 東日本では、山手線の新型通勤電車 E235 系への防犯カメラ設置(2017 年6月6日発表済)など、車内セキュリティ向上を図ってきました。さらなるセキュリティレベル向上のため、今年度以降、新たに製造するすべての旅客車両に、車内防犯カメラを標準的に設置します。また、一部の車両については、改造により車内防犯カメラを設置します。

1 車内防犯カメラを設置する対象車両
今年度以降、新たに製造する新幹線、在来線のすべての旅客車両

2 改造により車内防犯カメラを設置する車両
① E259 系成田エクスプレス
・2019 年度春以降、順次設置予定(全 132 両)
② E353 系中央線特急
・2018 年度冬以降、順次設置予定(投入済 87 両)
③ E657 系常磐線特急
・2018 年度冬以降、順次設置予定(全 170 両)

3 その他
① 防犯カメラの映像は関係法令や社内規程等に基づき厳正に取扱い、関係社員等に徹底します。
② 車内防犯カメラを設置する車両に、車内防犯カメラが作動中であることを表示するステッカーを掲出してお客さまにお知らせします。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180403.pdf

この企業のニュース