「第2回インフラメンテナンス大賞」の受賞者決定について

2018年05月16日 

プレスリリース

「第2回インフラメンテナンス大賞」の受賞者決定について

平成30年5月16日
農林水産省

農林水産省では、総務省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、防衛省とともに社会資本のメンテナンスに係る優れた取組を表彰する「インフラメンテナンス大賞」を実施しています。
この度、「第2回インフラメンテナンス大賞」における農林水産大臣賞等が決定しましたので、発表いたします。

1.概要

「インフラメンテナンス大賞」は、日本国内の社会資本のメンテナンスに係る優れた取組や技術開発を表彰し、ベストプラクティスとして広く紹介することにより、我が国のインフラメンテナンスに関わる事業者、団体、研究者等の取組を促進し、メンテナンス産業の活性化を図るとともに、インフラメンテナンスの理念の普及を図ることを目的に実施しています。

国土交通省を中心に関係省で表彰制度を創設し、優れた取組や技術開発の関係者(個人又はグループ)に対して、各界の有識者による審査を経て、各大臣賞、特別賞、優秀賞を決定します。

この制度のなかで、農林水産省では、農業水利施設、林道、治山施設及び漁港施設等の維持管理や機能保全技術に関する研究開発などの優れた取組に対して、農林水産大臣賞による表彰を行います。

2.受賞結果

「第2回インフラメンテナンス大賞」の募集期間(平成29年10月4日~11月30日)に寄せられた全205件の応募の中から、「第2回インフラメンテナンス大賞選考委員会」(委員長:山極 壽一 京都大学総長/日本学術会議会長)が選考を実施し、農林水産大臣賞等は以下のとおり決定しました。

農林水産大臣賞
(ア)石川県農林水産部森林管理課(石川県金沢市)
林道白山線における冬季閉鎖期間の維持管理方法における工夫

(イ)淡路東浦ため池※里海交流保全協議会(兵庫県淡路市)
農業者と漁業者との連携によるため池の保全
※はハートマーク

特別賞
(ア)石巻市北方(きたかた)土地改良区(宮城県石巻市)
水中ポンプの水冷装置に詰まったゴミや泥を完全かつ容易に除去する工夫

(イ)飯田市上郷野底山(かみさとのそこやま)財産区(長野県飯田市)
地域で支える「ふれあい林道サポート事業」

(ウ)漁港プレキャスト工法研究会(東京都中央区)
「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」による漁港施設の長寿命化対策

優秀賞
(ア)愛媛県農林水産部林業政策課(愛媛県松山市)
メンテナンスフリーでシカ食害等から林道 緑化法面を守る簡易木製品工法

(イ)美野原(みのばら)農地・水環境保全会(群馬県吾妻郡中之条町)
地元農業高校の高校生と連携した農業用用水路の保全活動

(ウ)岩手県農林水産部農村建設課(岩手県盛岡市)
地域住民や地元企業が参画するアドプト活動による農業用水路等の保全管理

(エ)諏訪形区を災害から守る委員会(長野県伊那市)
地域活動による治山施設の維持管理と森の強靱化

3.その他

各大臣賞、特別賞、優秀賞の受賞の詳細については、以下のURL(国土交通省のホームページ)を御参照ください。
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo03_hh_000190.html(外部リンク)

(参考)
平成29年10月4日付けプレスリリース 「第2回インフラメンテナンス大賞」の募集開始について
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/keityo/171004.html

<添付資料>
・第2回インフラメンテナンス大賞(農林水産省案件)(PDF : 1,634KB)
・第2回インフラメンテナンス大賞(受賞案件)(PDF : 208KB)

お問合せ先

農村振興局整備部設計課計画調整室

担当者:強靱化計画班 林、蓮池
代表:03-3502-8111(内線5536)
ダイヤルイン:03-3501-3749
FAX番号:03-3500-4053

林野庁森林整備部計画課施工企画調整室

担当者:設計基準班 島田、金澤
代表:03-3502-8111(内線6147)
ダイヤルイン:03-3502-6882
FAX番号:03-3593-9565

水産庁漁港漁場整備部整備課

担当者:設計班 不動、井上
代表:03-3502-8111(内線6880)
ダイヤルイン:03-6744-2390
FAX番号:03-3502-2668

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

この企業のニュース