平成30年度県立産業技術専門校高鍋校入校生(建築科・塗装科)を募集します

2018年03月06日  宮崎県庁 

更新日:2018年3月6日

平成30年度県立産業技術専門校高鍋校(建築科・塗装科)入校生の追加募集について

県立産業技術専門校高鍋校とは?

県立産業技術専門校高鍋校(以下、「高鍋校」)は、有為な技能技術者を養成することを目的として、県が設置した公共職業能力開発施設です。高鍋校には、中学卒業以上を対象とする建築科と塗装科、知的障がい者を対象とする販売実務科の3つの訓練科があります。3科いずれも、少人数で、実技・実習を中心に訓練を実施しています。

日々の訓練は3科それぞれ独自のカリキュラムに沿って実施しますが、合同体験訓練、合同体育、球技大会・レクリエーション、遠足・社会見学その他科の垣根を越えた交流も活発です。

また、建築科及び塗装科では、遠方の入校生用の男子寮もあります。寮は近々建て替えることにしており(洋室2人部屋)、完成後はより快適な環境で職業訓練に励むことができます。

修了生のほぼ全員が、県内の関係する事業所等に就職しています。

意欲ある皆さんの入校をお待ちしています。

1.入校試験

応募資格

  • 1)中学校卒業者又は同等の学力を有すると認められる?のうち、おおむね35歳未満で、建築又は塗装の分野に就業しようとする意欲のある?(離転職者を含む)
  • 2)平成30年3月に中学校卒業予定の?

履修期間

1年間(平成30年4月から平成31年3月まで)

募集人員

  • 建築科:5名程度
  • 塗装科:16名程度

願書受付及び選考方法

願書受付期間

平成30年3月12日(月曜)から3月19日(月曜)まで

  • 本人又は代理人が持参する場合は、午前9時から午後5時まで
  • 郵送等の場合は期限内必着

選考日時

平成30年3月20日(火曜)

  • 受付は午前8時20分から、試験説明は午前8時40分から、試験開始は午前9時
  • 試験開始後20分以上の遅刻者は受験を認めません

選考方法

筆記試験(国語・数学)、職業適性検査及び面接試験(本人)

  • 総合評価により合否を決定

選考試験会場

県立産業技術専門校高鍋校(児湯郡高鍋町大字南高鍋1770)

受験料

無料

願書提出先

県立産業技術専門校高鍋校(郵便番号:884-0003児湯郡高鍋町大字南高鍋1770)

合格発表期日及び方法

受験願書等

  • 1)在校生(中学校又は高等学校等に在校中の方)
    • 入校願書、調査書、健康状況申告書
  • 2)在校生以外の方(いずれにも通学していない方)
    • 入校願書、健康状況申告書

受験時に持参する物

  • 受験票(願書受付後に交付)、筆記用具(鉛筆、消しゴム)、三角定規セット及び分度器(サイズは問わない)、ものさし(15cm以内の長さをミリ単位で計測できるもの)

入校願書入手方法

  • 在校生の方は、入校案内や入校願書等を各学校に送付してありますので、進路指導の先生等に御相談ください。
  • 在校生以外の方は、高鍋校又は県内の各ハローワークにお問い合わせください。

2.授業料及び自己負担

  • 1)入校料及び授業料:いずれも無料
  • 2)自己負担:年間60,000円程度(教科書、参考書、実習服及び実習靴等の購入費、損害保険料)
    • 雇用保険受給資格者等で、公共職業安定所長から受講指示を受けた?には、訓練期間中、訓練手当が支給される場合があります。詳しいことは、期日に余裕を持って受験願書提出前に最寄りの公共職業安定所に相談してください。

3.建築科について

建築技能者(建築大工)を養成するため、木造建築の施工に関する工作作業、機械作業の基礎、実際に建物をつくるまでの知識と技能の習得を目指して、実技実習を中心に、学科も交えながら職業訓練を行います。

主な訓練内容

  • 木造建築物の構造、計画、設計製図、工作法
  • 器具、工具、木工機械の取扱及び加工・組立実習等
  • 木造建築物の施工技術、2級技能検定課題実習
  • パソコンの基礎・応用(CAD)、原付運転免許取得講座
  • インターンシップ・・・適正と能力判断、就職のため企業体験実習(2週間)

資格免許等

2級技能士検定(建築大工) 実務経験の免除
職業訓練指導員試験(建築大工) 実務経験の短縮(8年→3年)
木造建築士試験・2級建築士試験 実務経験の短縮(7年→5年)
労働安全衛生特別教育等 在校中の西都本校での特別教育受講可能

主な就職先

有限会社多田工務店、株式会社近藤工務店、有限会社豊建設、有限会社甲斐工務店、潮建設、日髙工業、その他県内を中心に建築関係事業所

4.塗装科について

塗装技能者を養成するため、下地処理、洗浄、下塗り、本塗り、乾燥・完成、片付けといった一貫作業に関連する知識と技能の習得を目指して、実技実習を中心に、学科も交えながら職業訓練を行います。

主な訓練内容

  • 塗装一般、建築物塗装、自動車塗装、防水塗装
  • 器具、工具、塗装機械の取扱及びデザイン、調色実習等
  • 建築物塗装や自動車塗装の施工技術、2級技能検定課題実習
  • パソコンの基礎・応用(建築物配色デザイン)、原付運転免許取得講座
  • インターンシップ・・・適正と能力判断、就職のため企業体験実習(2週間)

資格免許等

2級技能士検定(塗装) 実務経験の免除
職業訓練指導員試験(塗装) 実務経験の短縮(8年→3年)
労働安全衛生特別教育等 在校中の西都本校での特別教育受講可能
有機溶剤作業主任者技能講習 在校中の受講可(別途受講料必要)

主な就職先

株式会社イマムラテクノ、株式会社緒方塗装、森塗装株式会社、株式会社柴塗装、朽木塗装株式会社、株式会社吉川塗装、その他県内を中心に塗装関係事業所

5.問い合わせ先

県立産業技術専門校高鍋校

  • 〒884-0003児湯郡高鍋町大字南高鍋1770
  • 電話:0983-23-0523
  • ファクシミリ:0983-22-0065
  • メールアドレス:sangyogijutsu-s-takanabe@pref.miyazaki.lg.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

配信企業情報

宮崎県庁
上場区分 -