<父子500人に聞いた「お父さん」と「食」に関する意識調査>約9割の50~60代男性が「食生活に気を遣っている」一方、約6割は「たまには高カロリーなガッツリメニュー楽しみたい」!

2018年05月16日 

― 父の日に食べたいガッツリ男飯「#激悪飯」が揃った「父の日」特設ページが楽天市場に登場 ―

今年の「父の日」は6月17日(日)です。楽天市場では、全国の50代~60代の父親200名と、50代~60代の父親をもつ20~40代男女300名の計500名を対象に、「お父さん」と「食」に関する意識調査を実施しました。



 楽天市場では、今回の調査で明らかになった結果をもとに、特設ページ『高カロリー?脂っこい?上等だ! 父の日に食べたい#激悪飯』をオープンしました。お肉やこってりした食材をふんだんに使って高カロリーだけど、食べれば絶対美味しい!そんなシズル感溢れる『激悪飯(げきわるめし)』で人気のインスタグラマー ぐっちさん をお招きして、父の日に食べたいガッツリ男飯を紹介しています。
 今年の「父の日」は、“いつもは食生活に気を使っているけど、たまにはガッツリした高カロリーメニューを楽しみたい!”というお父さんに『激悪飯』をプレゼントしてみませんか?


人気インスタグラマー ぐっちさんが提唱!今、話題の『#激悪飯』とは?


 ぐっちさん(@gucci.tckb)はフォロワー2.5万人超えの自称イクメンインスタグラマー。妻と娘のために毎日ご飯を作り、「美味しい」と言ってもらえることが何よりも幸せな一方、たまには家族の目を盗んで自分の好きなものを思いっ切りたべたい!という思いから生まれたのが『激悪飯』。こってりしたタレ、ボリューミーな肉、たっぷりのマヨネーズ、激辛な香辛料など、味が濃くても、高カロリーであっても、塩分が多くても、食べれば絶対に美味しい!シズル感溢れるメニューの数々がSNSを中心に人気急上昇中。
▶ぐっちさんのROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c35bfb53b6/items

[意識調査結果(詳細)]


【1】お父さんと一緒にご飯食べてますか? 父と子の食事事情
3人に1人の50~60代男性が、子どもと一緒に食事をする機会は「年に2~3回未満」


 全国のお父さん200名(50代~60代男性)と、その子ども世代300名(20~40代男女)の計500名を対象に、「父子のコミュニケーション事情」から「お父さんの食」への興味関心まで、イマドキ父子の実態を調査しました。まず、父親側に「どれくらいの頻度で子どもと一緒にご飯を食べるか」を聞いたところ、3人に1人のお父さんが、子どもと一緒にご飯を食べるのは「年に2~3回未満」という結果に。



【2】「食事」は貴重な父子コミュニケーションの場?
約9割の50~60代男性が「子どもと一緒に食事をしたい」


 続いて、父親側に、子どもと一緒にご飯を食べたいかどうかを尋ねると、約9割(88.5%)が「食べたい」と回答。さらに、子ども側にも同じ質問をしたところ、7割以上(75.0%)が「食べたい」という結果に。親子揃って食事をする機会が少ないながらも、「一緒にご飯を食べたい」という気持ちは双方が持っていることが伺えます。



【3】豪快な肉に魚卵・油・炭水化物…健康は気になるけれど、やっぱり食べたい男飯!
約9割の50~60代男性が「食生活に気を遣っている」一方、 約6割は「たまには高カロリーなガッツリメニュー楽しみたい」と回答


 それでは、お父さんは、どんな食事を求めているのでしょうか。父親側に、普段の食生活について聞きました。
 まず、普段の食生活に気を遣っているかどうかを尋ねたところ、「気を遣っている」という回答が約9割(計88.0%)を占めました。自分自身はもちろんのこと、「妻からの指示」(24.5%)という回答もあり、お父さん世代に食生活への意識がしっかりと根づいている様子が伺えます。
 しかしながら、豪快な肉料理や魚卵を使った料理など、“高カロリーなガッツリメニュー”がたまには食べたくなるのが男ゴコロなのではないでしょうか?
 そんなお父さんたちのホンネを探るべく、「健康のために“ガッツリメニュー”を控えることがあるか」を調査。半数以上(計52.8%)のお父さんが「控えている」と回答しました。さらに「たまには“ガッツリメニュー”を楽しみたいと思うか」について聞くと、約6割(計57.5%)が「そう思う」と回答。お父さんの胸の内に秘められたホンネと欲求が見え隠れする結果となりました。



【4】外食、お菓子、縁日の屋台…一緒に食べた”思い出の味”にまつわる父子あるある!
約4割の父子が「お母さんに内緒で食べ物を食べたことがある」 ~ 約6割の20~40代男女が「幼少期に、父親が食べる『おつまみ』を魅力に感じた経験あり」~


 それでは、父と子には食にまつわるどんな思い出があるのでしょうか。父と子の双方に「妻や母親に内緒で、父子だけでこっそり食べた(外食、ファーストフード、おつまみ、お菓子、縁日の屋台など)経験があるか」について尋ねたところ、父子ともに約4割(父親側:計36.5%、子ども側:計41.3%)が「経験あり」と回答。また、子ども側に「幼少期、父親が食べる『おつまみ』を魅力に感じた経験があるか」について聞いたところ、約6割(計58.6%)が「魅力に感じた経験がある」と回答しました。
 父と子にとって、「食」は思い出を形作る重要なファクターであると言えるのではないでしょうか。



【5】年に一度の「父の日」だからこそ解禁!お父さんと“ガッツリメニュー”を食べよう
約7割の50~60代男性が「子どもの手料理を食べたい」と回答 


 ここまでの調査結果では、子どもと一緒に食事をしたい気持ちがある反面、なかなかその機会を持てずにいることや、本当は“ガッツリメニュー“を食べたいと思っていることなど、お父さんのホンネが明らかになりました。
 それでは、そんなお父さんたちに喜ばれる「父の日」のプレゼントとはどういった物なのでしょうか?そのヒントを探るべく、調査の最後に、父親側へ「子どもが作った料理を食べたいか」を尋ねてみました。すると、約7割(65.5%)が「食べたい」という結果に。
 今年の「父の日」は、お父さんが喜ぶ“ガッツリメニュー”を解禁して、手作りの料理を振る舞ってみてはいかがでしょうか?



楽天市場に『高カロリー?脂っこい?上等だ! 父の日に食べたい#激悪飯』がオープン!
人気のインスタグラマー ぐっちさんによる本企画のためのスペシャルレシピを公開中!


 特設ページでは、本調査結果の紹介のほか、大人気インスタグラマーぐっちさんに、本企画のため新たに考案いただいた『激悪飯』オリジナルレシピを紹介しています。

▶楽天市場 特設ページはこちら https://event.rakuten.co.jp/father/special/food/


【調査概要】
標  題 : 「お父さん」と「食」に関する意識調査
調査主体 : 楽天市場
調査期間 : 2018年4月13日(金)~16日(月)
調査方法 : インターネット調査
調査対象 : 全国の20~40代の息子または娘と配偶者をもつ50代~60代男性200名、 全国の50代~60代の父親と母親をもつ20~40代男女300名 計500名 (世代ごとに均等割付)
調査機関 : 楽天リサーチ
 

この企業のニュース