米国事業の強化に向けた新規投資を公表 - 7.5億ドルを投じて車両・パワートレーンの現地生産を増強 -

2019/03/15  トヨタ自動車 株式会社 

2019年03月15日

トヨタ、米国事業の強化に向けた新規投資を公表-7.5億ドルを投じて車両・パワートレーンの現地生産を増強-

ニュースリリース 経営 地域 米国

PDF

(米国時間 : 2019年03月14日)

主なポイント

  • 米国の車両およびパワートレーン工場に合計7.5億ドルを投資。電動車も含めた現地生産を拡充、新規雇用は約600名
  • 米国のベストセラーSUV「RAV4」とレクサス「ES」のハイブリッド車をケンタッキー工場で新たに生産
  • ウエストバージニア工場ではハイブリッドトランスアクスルの生産を倍増
  • アラバマ工場では4気筒エンジンとV6エンジンの生産を増強
  • 2017年からの5年間における「100億ドル」の投資計画は2年間で「約130億ドル」へ増加

トヨタ自動車(株)の北米事業体であるToyota Motor North America(TMNA)は、米国5州における車両・パワートレーン生産工場への新たな投資を発表しました。米国事業の強化・競争力向上に向けて、合計約7.5億ドルを投じて電動車・電動化パワートレーンも含めた現地生産を拡充します。

具体的には、Toyota Motor Manufacturing Kentucky, Inc.(TMMK)において、2019年5月からレクサス「ES」のハイブリッド車の生産を、また2020年1月から、米国におけるベストセラーSUV※1である「RAV4」のハイブリッド車の生産をそれぞれ開始します。ESのハイブリッド車は年間1.2万台程度、RAV4のハイブリッド車は年間10万台程度の生産能力を予定しています。

パワートレーンにおいては、Toyota Motor Manufacturing West Virginia, Inc.(TMMWV)にて、2020年から米国でハイブリッドトランスアクスル(トランスミッション)を年間12万基生産することを発表していますが、2021年に、生産能力をさらに年間12万基増強します。本投資に伴い、TMMWVと鋳造製品を生産するBodineジャクソン工場とあわせて136名の新規雇用を予定しています。さらに、Toyota Motor Manufacturing Alabama, Inc.(TMMAL)では、4気筒エンジンとV6エンジンの生産能力を2021年までに年間23万基増強します。TMMALでは本投資に伴い450名の新規雇用を予定しています。Bodineのトロイ工場およびジャクソン工場においても、これらのパワートレーン生産の計画に応じて、ハイブリッドトランスアクスルのケースやハウジング、エンジンのシリンダーヘッドやヘッドやエンジンブロックといった鋳造製品の生産を増強します。

また、2017年に発表していた「5年間(2017年から2021年)で100億ドルを米国に投資する」計画については、これまでの2年間において、マツダ株式会社との合弁新工場であるMazda Toyota Manufacuting, U.S.A., Inc.をはじめ、新たな投資を進めてきたことなどにより、足元では同期間で「約130億ドル」に増加する見込みです。

TMNAのジム・レンツCEOは今回の発表に際して、「これらの投資は、『売るところで作る』という私たちの長期的なコミットメントを具現化した新たな取り組みのひとつです。米国生産を強化することにより、よりお客様や販売店の要望にお応えし、各工場ではさらなる発展に向けた取り組みを推進していきます」と述べました。

※1 2018年米国販売実績に基づくトヨタ調べ

新規投資の概要

工場 所在地 投資内容 投資額
TMMK ケンタッキー州 レクサスESのハイブリッド車の新規生産
(年間1.2万台程度の生産能力)
2.38億ドル
RAV4のハイブリッド車の新規生産
(年間10万台程度の生産能力)
TMMWV ウエストバージニア州 ハイブリッドトランスアクスルの生産能力増強
(+12万基/年)
1.11億ドル
TMMAL アラバマ州 4気筒エンジンおよびV6エンジンの生産能力増強
(2021年までに+23万基)
2.88億ドル
Bodineトロイ工場 ミズーリ州 鋳造製品(エンジンのシリンダーヘッド)の生産増強 0.62億ドル
Bodineジャクソン工場 テネシー州 鋳造製品(ハイブリッドトランスアクスルのケースとハウジングおよびエンジンブロック)の生産増強 0.5億ドル

以上

関連業界