飲食業界の新ビジネスソリューション「フードブランドシェアリングサービス(R)」を始動

2022/06/30  株式会社 プレイス 

飲食業界全体を盛り上げ、新たな未来をつくりだします。


ビジネスソリューションとして商標を取得
株式会社プレイス(本社:東京都渋谷区、代表取締役 清水 浩炳)は、飲食業界において新しいビジネスソリューションとなる、「フードブランドシェアリングサービス(R)」を考案。商標を取得し、展開をスタート致します。


フードブランドシェアリングサービス(R)とは?
営業許可証を取得している・飲食店・ホテル・カラオケ店等がパートナー契約をすることで、ファサードや内装を変更せずに様々なフードブランドの販売が出来ます。
※35類「広告業、経営の診断又は経営に関する助言、事業の管理、市場調査又は分析、商品の販売に関する情報の提供、フランチャイズ店の業務の管理、フランチャイズ事業の管理に関する援助」及び43類「飲食物の提供」を指定役務として商標登録致しました。



パートナー店舗のメリット
パートナー店舗:・業態変更費用が不要(内装工事・消耗品等)・設備投資が不要(※基本的に、既存店にある設備を使用する。)・メニュー開発のコスト削減・季節要因等による売上減のカバーが可能となります。


誕生の背景
「フードブランドシェアリングサービス(R)」は、売上に苦戦する、メニュー考案に悩む、ブランディングが苦手、多くの声に基づいたソリューションです。これらの問題に直面する飲食店は多く、新しいブランドをシェアすることで現状を打開し、成長へと導きます。


ロゴデザインについて



【デザインコンセプト】

フードブランドを共有することで生まれる、新しい食のカタチ。
FOODの頭文字「F」を2つ組み合わせたミニマルなデザイン。


ロゴにはフードらしさを表現する食材のカラーを採用。その中でも向かい合う色(=補色)を組み合わせ、互いの色を引き立て合う関係、アレンジャー・パートナー双方がWinWinとなるサービスの価値を表現しています。


【クリエイティブテーマ】

WIN BY SHARING.

フードブランドを共有することで生まれるWinWinの関係。ユーザーの接点や選択肢を増やしながら、飲食業界の未来をつくる新たなビジネスソリューションをテーマとしています。


■サービスリリース済




■サービスリリース予定




フードブランドシェアリングサービス(R)パートナー契約の募集・販売代理店の募集
まずは、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


株式会社プレイスは、様々な企業と連携し「フードブランドシェアリングサービス(R)」の運営・ノウハウのアドバイス、店舗が抱える問題を解決、飲食業界の新しい未来をつくりだします。


問い合わせ先 : 株式会社プレイス
メールアドレス : pr@place1.jp
担当:時目(トキメ)

他の画像

関連業界