世界初、AIを用いたインテリジェント無線通信技術を開発

2018年02月14日 

2018 年 2 月 14 日
三菱電機株式会社

IoT 関連機器の低消費電力化・小型化・グローバル化に貢献
世界初、AI を用いたインテリジェント無線通信技術を開発


三菱電機株式会社は、世界で初めて※1、AI を用いたインテリジェント無線通信技術を開発しました。AI による最適な自動チューニングにより、無線通信用増幅器の利得※2を従来の2 倍、動作効率を20 ポイント向上するとともに、1 台のデジタル回路で同時に最大 3 種類の任意の動作周波数・通信方式に対応します。これにより、様々な通信方式への対応が必要なIoT 関連機器の低消費電力化・小型化・グローバル化に貢献します。

※1 2018 年 2 月 14 日現在、当社調べ。1GHz 以上で動作する増幅器として
※2 増幅器における入力と出力の比のこと

開発の特長

1.AI を用いた最適自動チューニングにより増幅器の利得と動作効率を改善
・当社独自AI 技術「Maisart」※3を用いて増幅器への入力信号と動作電圧の制御を自動で最適チューニングし、増幅器の利得を従来比2 倍、動作効率を 20 ポイント向上※4
・増幅器の利得と動作効率の改善により、通信機器の低消費電力化に貢献
※3 Mitsubishi Electric"s AI creates the State-of-the-ART in technology の略。 すべての機器をより賢くすることを目指した当社のAI 技術ブランド
※4 従来の AI を使用しない増幅器との比較において

2.1 台のデジタル回路で同時に最大 3 種類の任意の動作周波数・通信方式に対応
・動作周波数・通信方式をソフトウェア制御で再構成し、1 台のデジタル回路で同時に最大 3 種類の任意の動作周波数・通信方式に対応
・1 台で同時に複数の通信方式に対応できるので、通信機器の小型化・グローバル化に貢献

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2018/pdf/0214-f.pdf

この企業のニュース