i-Construction“建設の現場から働き方改革へ”建設現場の生産性を高める新技術の試行を開始します~11件の「現場ニーズと技術シーズのマッチング」が成立しました~

2018年05月16日 

i-Construction“建設の現場から働き方改革へ”
建設現場の生産性を高める新技術の試行を開始します~11件の「現場ニーズと技術シーズのマッチング」が成立しました~

平成30年5月16日

ICT等を活用し、誰もが働きやすい建設現場を目指す『i-Construction』の一環として、産学官が連携した「i-Construction推進コンソーシアム 技術開発・導入ワーキンググループ」において、新技術の導入に向けた第2回の“現場ニーズと技術シーズのマッチング”案件の選出を行なった結果、11件の技術のマッチングが決定しました。


○背景 新技術の開発を促進するために、「第1回マッチング決定会議」(平成29年10月25日)で示したニーズに対応する「技術シーズ説明会」(平成30年1月15日)を実施。
○今回 本日、「第2回 新技術のニーズ・シーズマッチング決定会議」にて、i-Construction推進コンソーシアム企画委員会委員の冨山 和彦委員((株) 経営共創基盤 代表取締役CEO)ご参加の下、試行する11件の技術のマッチングを決定・発表。活用可能性を評価するため、各現場での試行を順次開始。

<今回、マッチングが成立した技術>
[1]海中、水中の三次元測量を可能にする技術
[2]舗装版を剥がさずに橋梁の床板の劣化状況を把握する技術
[3]衛星画像データを用いて広域の地形変化を(経時的に)把握する技術
[4]現場の状況をカメラ等でリアルタイムに把握できる技術
[5]法面、構造物、舗装等の異変を自動で検知、記録できる技術
[6]植生を取り除いた地形測量を行う技術
[7]洪水時の浸水エリアや水害規模を把握、配信する技術
[8]監督検査を効率化する技術
[9]斜面の安定性を確認する技術
[10]建設現場における建機等の動態管理技術
[11]災害時の被災状況等を把握する技術


※技術の詳細については、別紙をご覧下さい。

添付資料

記者発表資料(PDF形式)

別紙(PDF形式)

お問い合わせ先

国土交通省大臣官房技術調査課環境安全・地理空間情報技術調整官 手塚
TEL:03-5253-8111 (内線22304) 直通 03-5253-8125 FAX:03-5253-1536
国土交通省大臣官房技術調査課課長補佐 檜山
TEL:03-5253-8111 (内線22345) 直通 03-5253-8125 FAX:03-5253-1536

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

この企業のニュース