新卒採用選考におけるAI(人工知能)技術の活用について

2018年04月05日  株式会社 横浜銀行 

2018年4月5日

新卒採用選考におけるAI(人工知能)技術の活用について

コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 川村 健一)は、新卒採用の応募者をより客観的かつ適正に評価するため、2019年度新卒採用のエントリーシート選考においてAI(人工知能)技術(※)を活用します。

これまでの選考では、複数の採用担当者が数千件のエントリーシートを読み込み、合否を判断していました。このたび、AI技術によるエントリーシート評価の実証実験をおこなった結果、より客観的かつ一貫性がある評価軸のもと、選考ができることを確認しました。

実際の選考では、過去のデータを学習させた人工知能に志望動機などの文章を読み込ませ、評価を定量化します。その評価結果を書類選考における判断材料のひとつとして活用し、合格基準を総合的に満たす応募者は引き続き面接など次の採用選考を実施します。これにより、採用担当者によるエントリーシートの確認時間が大幅に削減され、あらたに創出された時間を面接などの対面コミュニケーションに充て、より濃密な選考活動をおこなうことができます。

横浜銀行は今後も、成長意欲や挑戦意欲の高い人財の採用を進め、地域に選ばれる金融グループをめざします。

※ 活用するAI技術は、FRONTEO(フロンテオ・代表取締役社長 守本 正宏)が開発した「KIBIT(キビット)」です。当行はこれまでも、KIBITをお客さまとの面談記録の分析などに活用しています。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material&sid=90404&code=8332

配信企業情報

株式会社 横浜銀行
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1 MAP
上場区分 -

業界