蔵王山の噴火警戒レベルを1へ引下げ

2018年03月06日  気象庁 生活協同組合 

蔵王山の噴火警戒レベルを1へ引下げ

報道発表日

平成30年3月6日

概要

本日(6日)14時00分に蔵王山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)に引き下げました。

本文

蔵王山では、1月28日以降地殻変動を伴う火山性微動が観測されるなど火山活動が高まった状態となっていました。その後、2月4日以降地殻変動に変化はなく、2月8日を最後に火山性微動は観測されていません。
これらのことから、蔵王山では、本日(6日)14時00分に噴火予報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げました。
馬の背カルデラ内の丸山沢や振子沢では噴気や火山ガスの噴出等がみられます。異変を感じた際には速やかにカルデラから離れてください。

問い合わせ先

地震火山部火山課 担当 小久保 電話 03-3212-8341(内線 4538) FAX 03-3212-3648

資料全文

参考資料

配信企業情報

気象庁 生活協同組合

住所

東京都千代田区大手町1丁目3番4号 MAP
上場区分 -