まぶしさを抑えた配光性能と、4K・8K放送にも対応可能な拡張性に富むLED投光器「LEDioc FLOOD ZEST」(レディオック フラッド ゼスト)を発売

2017年12月06日 

まぶしさを抑えた配光性能と、4K・8K放送にも対応可能な拡張性に富むLED投光器
「LEDioc FLOOD ZEST」(レディオック フラッド ゼスト)を発売

2017年12月6日

岩崎電気株式会社は、大規模スポーツ施設向けの、LED投光器「LEDioc FLOOD ZEST」(レディオック フラッド ゼスト)を12月7日より発売します。

「LEDioc FLOOD ZEST」は、スタジアムや各種大規模競技場における、プロユースや国際大会レベル向けのLED投光器。

配光制御により競技者へのまぶしさを軽減して、良好な光環境を実現するとともに、漏れ光を抑制し、フィールドを効率よく照明することで、大幅な省エネが可能です。

標準でPWM調光※1 機能付き。さらにエンターテインメント性を重視した施設には、DMX制御※2 により、演出との連携も可能(特注対応)。

高品質な撮影用には、スーパースロー再生で気になる明暗のちらつき(フリッカ)を抑えたフリッカレスと合わせて、スーパーハイビジョン(4K・8K)撮影※3 にも適合する、平均演色評価数 Ra:94(推奨値90以上)、かつ、特殊演色評価の試験色「赤」R9:82(推奨値80以上)※4 にも対応可能です(特注対応)。

岩崎電気独自の配光設計技術により、従来HID投光器と比べて、プレーヤーが気になる競技中のまぶしさを軽減しました。

同等の明るさのメタルハライドランプ1500W用投光器と、「LEDioc FLOOD ZEST」の発光面の輝度分布を比較すると、正面では同程度の輝度値ですが、角度が付くにつれメタルハライドランプよりLED投光器の方が低い輝度値となり、まぶしさは抑えられています。

競技種目や競技区分に合わせたプレーヤーに快適なライティング、公正な判定や映像記録などに必要な明るさのほか、フリッカレス点灯でTV撮影への対応、観客の視認性向上といった、さまざまな要件をクリアする、高次元の照明環境が求められる施設の照明設計に最適なLED投光器です。

  • ※1 PWM調光:明るさを変化させる一般的な調光方式。
  • ※2 DMX制御:点灯・消灯、調光を複合的に制御するシステム。「DMX 512」、通称「DMX」は照明や舞台効果を制御する為の通信プロトコル。制御信号を発信するコントローラとその信号に反応する機器(デバイス)の通信方式を定める規格。
  • ※3 スーパーハイビジョン撮影:NHKと総務省が2020年に導入・普及を目指している、次世代の動画の形式。「8K」「ウルトラハイビジョン」「Ultra High Definition Television(UHD)」とも呼ばれ、現在最も普及している「ハイビジョン」の16倍、「4K」の4倍の解像度になる。
  • ※4 一般社団法人 電波産業会「ARIB TR-B40 1.0版」による

発光面の輝度分布の比較〈当社比〉

※当社、メタルハライドランプ1500W用投光器(器具:H567SX、ランプ:M1500B)、「LEDioc FLOOD ZEST」(E33102N/NSAJ2)との比較。


「LEDioc FLOOD ZEST」+ 照明手法でグレアを抑制して、より良い競技環境をサポートします。
例えば、照明手法の「クロスエーミング」を行うことで、まぶしく感じる光の塊ができにくい設計が可能。
配光と照明手法を併せて施設と競技に合わせた照明設計をご提案します。


「LEDioc FLOOD ZEST」主な特長

まぶしさを抑制した狭角・中角の2タイプ

岩崎電気独自の配光設計技術により、まぶしさを感じる範囲が少ない配光を設計し、プレーヤーへのグレアを軽減。大規模施設のライティングに適した1/10ビーム角 22°、42°の2タイプをラインアップ。

高演色性 Ra:80

ハイビジョン撮影に対応した平均演色評価数 Ra:80。Ra:94、R9:82にも対応可能です(特注対応)。

既設取付架台に対応

既設取付架台に対応可能な、HID投光器と同じ取り付けピッチで、リニューアルもスムーズです。

標準で調光機能付き。さらに演出との連携も可能

PWM調光(100~10%)が可能です。また演出との連携も可能なDMX制御にも対応(特注対応)。

初期照度補正機能付き

初期照度補正機能とは、設置初期からの設計照度を上回る過剰な明るさを抑え、寿命末期まで一定の明るさを維持する機能で、設置初期の明るさを抑えることで省エネルギー化が可能です。

ハイスピードカメラ対応

独自の電源回路設計によりフリッカレス点灯を実現し、スーパースロー再生の際、明暗を繰り返す“ちらつき”の原因を抑制します。

「LEDioc FLOOD ZEST」標準品 主な仕様

商品名 「LEDioc FLOOD ZEST」(レディオック フラッド ゼスト)
形式 E33102N/NSAJ2 E33102M/NSAJ2
配光 狭角タイプ
(1/10ビーム角 22°)
中角タイプ
(1/10ビーム角 42°)
価格 オープン価格(LED・別置電源ユニット込)
定格光束(器具光束) 66700?m 98900?m
消費電力 (最大)※1 770W(200V) 766W(242V/254V) 834W(200V) 830W(242V/254V)
(平均)※2 712W(200V) 708W(242V/254V) 771W(200V) 767W(242V/254V)
固有エネルギー消費効率 86.6?m/W(200V) 87.0?m/W(242V/254V) 118.5?m/W(200V) 119.1?m/W(242V/254V)
入力電圧 200V~254V対応
周波数 50Hz/60Hz共用
光源色 5000K相当(昼白色タイプ)
平均演色評価数 Ra:80
LEDモジュール寿命 40000時間(光束維持率85%)
耐雷サージ 15kV(コモンモード)
保護等級 IP65
使用温度範囲 -20℃~+40℃ (夏季の一時的な高温環境[50℃]に対応)
灯具 主な材質 本体:アルミダイカスト、前面カバー:ポリカーボネート、反射鏡:ポリカーボネート・アルミダイカスト(内面:鏡面処理)、アーム:鋼板(溶融亜鉛めっき)
  • ※1 40000時間経過後の最大値。
  • ※2 初期照度補正機能による40000時間平均値。

寸法図

灯具

(質量:26kg)

電源ユニット

(質量:14kg)

※単位:mm

拡張性に富んだLED投光器「LEDioc FLOOD ZEST」(特注対応及び、関連機器の提案)

高演色性対応

次世代テレビ放送、4K・8Kと呼ばれる、スーパーハイビジョン撮影に対応した、超高演色LEDも特注対応。
スーパーハイビジョンでは色域が広がり、よりリアルで臨場感のある映像を実現できます。そのため、被写体のクオリティーがそのまま映し出されます。
特に、環境を創り出す「照明」は重要な要素となり、今まで以上に色の再現性(演色性)の良い光源が求められます。
「LEDioc FLOOD ZEST」は、平均演色評価数 Ra:94(推奨値90以上)、かつ、特殊演色評価の試験色「赤」R9:82(推奨値80以上)にも特注対応可能です。

調光制御

従来のHID投光器のON/OFF主体の制御から、LED投光器のメリットの瞬時再点灯、調光機能を活かして、きめ細かな制御や、演出の幅が大きく拡大します。

制御盤「ITACS」との連携で、簡単タッチパネル制御

副操作盤や、ウェブブラウザを使った端末からの操作も可能

タブレットとの連携で、客席やフィールド内からもコントロール
このリリースの画像:
「LEDioc FLOOD ZEST」(写真:左 中角タイプ、右 狭角タイプ)
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967330
発光面の輝度分布の比較〈当社比〉
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967331
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967332
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967333
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967334
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967335
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967336
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=967337

DMX制御との組み合わせで、コンサートや舞台で使われるような照明コントロール、音楽など、ほかの演出との連携も可能です。
例えば、当社フルカラーLED投光器と連携して、オープニングやハーフタイム、得点時の演出など、エンターテインメント性もプラスできます。

部分調光

点滅やウェーブ点灯

カラー投光器との連携演出

詳細情報

  • ※照明器具には寿命があります。一般的な使用条件での交換時期の目安は設置後8~10年です。
  • ※LEDには、ばらつきがあるため同一形式においても光色、明るさが異なる場合がありますので、ご了承ください。

ニュースリリースに掲載されている内容(サービスの内容、商品の価格や仕様など)は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点では内容が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ

この企業のニュース