WeWork Japan 2.0始動。月額39,000円(税抜)で国内30拠点以上使い放題の新プラン「All Access」開始

2020/10/29  WeWork Japan 合同会社 

「All Access」最大1ヶ月分のメンバーシップ料金無料キャンペーンを実施

WeWork Japan合同会社(東京都港区、最高経営責任者:佐々木一之、以下 WeWork Japan)は、ニューノーマル時代のより自由な働き方を見据え、働く人々の柔軟性かつ生産性の向上を支援する事業を展開していくため、WeWork Japan 2.0として始動します。その第1弾として、国内30拠点以上の共用エリアが1人あたり月額39,000円(42,900円[税込])で使い放題となる新プラン「All Access(オールアクセス)」を12月1日より開始します。テレワークやサテライトオフィスを中心としたこれからの新しい働き方のニーズに応える、ニューノーマル時代に適したプランです。従業員にとっては、より自由な働き方と快適な仕事環境が実現でき、企業にとっては、従業員の生産性向上とオフィス費用の削減が可能となります。


新プランの提供開始を記念して、利用開始いただく新規メンバーには、最大1ヶ月分のメンバーシップ料金が無料となるキャンペーンを実施します*。
All Accessの詳細は、以下のリンクをご覧ください。
https://weworkjpn.com/lp/allaccess/
以下、All Accessの紹介記事になります。
https://weworkjpn.com/contents/knowledge/case29/


■All Access 概要
料金:39,000円(42,900円[税込])
利用拠点:全国6都市30拠点以上
利用時間: 平日9:00-18:00
利用方法:WeWorkメンバー専用アプリにて予約
利用エリア:共用エリア、電話ブース、集中ルーム(モニター付)*、会議室**
利用設備:高速インターネット、プリンター、ドリンク、受付等、ロッカーオプションあり

*対象拠点が限られております
**会議室は、ご契約時に付与するクレジットを消費して予約できます。

<用途に合わせた様々な空間>



■新時代の働き方を支援するためのその他施策
企業のサテライトオフィス向け新プラン「専用アクセス」

専用の個室を持ち、一定の席を数十名から数千名で、専用アプリから予約して利用できるプランです。例えば、50名規模の席を100名の従業員でシェアすることにより、オフィス面積を最小限に抑えながらも、より自由な働き方を従業員に提供することが可能です。プライバシーやセキュリティを重視する企業のサテライトオフィスとして活用できます。なお、All Accessとも組み合わせることで、契約拠点以外の共用エリアも利用することが可能です。

コミュニティーチームが提供する新サービス「Connect by WeWork」
WeWork Japanが新たに入居メンバーに提供する、オンラインとリアルを掛け合わせたビジネスマッチングサービスです。企業が直面する様々な課題と、それらを解決し得る多様な選択肢を網羅的に調査し、弊社独自のデータベースを開発いたしました。このデータベースを元に、WeWork Japanのコミュニティチームが、ビジネス上の課題をヒアリングし、それぞれのニーズに合ったメンバー、イベント、サービスを提案します。ビジネスとパーソナル、リアルとオンラインを融合させ、企業規模、業種、拠点を越えたつながりを作っていきます。
試験的な運用においてはすでに実績が出ています。この度、正式にローンチをすることで、企業が抱える課題と、企業が提供できるソリューションのマッチングを加速させ、WeWork Japanのコミュニティを強化していきます。

<マッチング事例>
・丸紅株式会社で事業化を検討中の、管理業務といったバックオフィスをサポートするサービス『ねこの手ガーデン』(10月末までの実証実験)において、ブランド認知拡大と新規顧客獲得の課題に対し、管理業務に課題を感じている企業を数十社紹介し、数社との契約に至りました。


■WeWork Japan合同会社の概要■
WeWorkは2010年にニューヨークで創業し、世界中でコミュニティ型ワークスペースを提供しています。WeWork Japanにおいては、2018年2月に初めての拠点を東京で開設して以降、ベンチャー企業から大企業までの多様なメンバーからなるコミュニティを国内で形成し、イノベーションやコラボレーションを促すワークスペースを提供しています。WeWork Japanは、今後も新しい働き方を促進する様々な取り組みを支援してまいります。https://weworkjpn.com/
メンバー企業のWeWork活用事例や、WeWorkで生まれているコミュニティの事例はこちらURLより、ご覧いただけます。ぜひご参照ください。https://weworkjpn.com/contents/

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース