LGBTの取組み評価指標「PRIDE指標2018」において最高評価「ゴールド」を受賞

2018年10月11日  川崎重工業 株式会社 

LGBTの取組み評価指標「PRIDE指標2018」において最高評価「ゴールド」を受賞

2018年10月11日

川崎重工は、任意団体work with Prideが認定する、LGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)への取組み評価指標「PRIDE指標2018」において、最高評価「ゴールド」を受賞しました。

「PRIDE指標」は、企業・団体などで働くLGBTの人々が働きやすい職場づくりの実現を目的に、Policy (行動宣言)、Representation (当事者コミュニティ)、Inspiration (啓発活動)、Development (人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つの観点から評価が行われています。

今回は、当社がダイバーシティ推進の観点から、LGBTを含めた多様な人財の活躍推進のために、2018年度に以下の取り組みなどを行ってきた点が評価されました。

「LGBTハンドブック」の発行
人事担当者向けセミナーの開催
LGBT支援イベント「レインボーフェスタ!2018」への参加
「川崎重工グループ行動規範」における性的指向や性自認に関わりない人権尊重の方針設定

LGBTの人々が働きやすい社内風土の醸成には、何よりも周囲の人の正しい理解が重要です。当社は、今回の「PRIDE指標2018」の受賞を契機として、さらなる従業員への教育活動を進めるほか、当事者への支援などのLGBT支援を積極的に展開し、多様性が尊重され、あらゆる属性の従業員がイキイキと働きやすい企業風土の醸成を目指していきます。

他の画像

配信企業情報

川崎重工業 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

兵庫県神戸市中央区東川崎町1-1-3神戸クリスタルタワー MAP
上場区分 東証1部

業界