ショッピングセンター向けマルチターミナル「MP-10」の発売について

2018年03月01日  東芝テック 株式会社 

プレスリリース

ショッピングセンター向け
マルチターミナル「MP-10」の発売について
~コンパクトかつ充実した通信機能、インターフェースを
備えたオールインワン端末~

2018年3月1日
東芝テック株式会社


マルチターミナル 「MP-10」

東芝テックはショッピングセンター向けマルチターミナル「MP-10」を2018年9月10日から発売します。マルチターミナル「MP-10」は、テナントの日々の売上管理や多様な決済処理やグループウェアなどが搭載可能な端末です。
本商品は従来商品であるMP-80をコンパクトにしながら、多彩な機能を加えた商品です。

背景

ショッピングセンター、流通小売業などの現場では、クレジットIC化・非保持化、各種電子マネー、バーコード・QR決済などの、さまざまな決済サービスへのニーズが高まっております。「MP-10」はこれらのニーズに応えるとともに最新OSを備えた、拡張性の高い端末です。

消費者のメリット

タッチパネル付きディスプレイによる操作性向上とレシート印字スピード向上により、お客様の決済処理がスムーズに行えます。またICクレジット、銀聯、Jデビット、各種電子マネーに加え、バーコード・QR決済などに対応可能な機器を接続することで、お客様に最適な決済が可能となります。

「MP‐10」の特長

1)スマートデバイスを意識したデザイン

高精度ディスプレイを縦型に配置し、スマートデバイスをイメージするデザインを採用。前傾に伸び上がるダイナミックフォルムでスタイリッシュなデザインを実現しました。

2)省スペース設置の実現

設置部分は135(W)×241(D)mmとコンパクトでありながらプリンタと磁気カードリーダーに加え、豊富なインターフェースを搭載しました。

3)拡張性の高い仕様

最新OS Windows10 IoTを採用し、豊富な通信機能(LAN、WiFi,Bluetooth)と、シリアルインターフェイスを3ポート、USBインターフェースを4ポート内蔵しました。
さまざまなネットワーク接続に加え、有線・無線どちらでも周辺機器との接続が可能。電子マネー端末設置時の電源、回線の追加が不要です。

4)利用環境に配慮した設計

耐衝撃性に優れたSSDの採用に加え、ファンレス設計により、静音性と高耐久性を実現。画面パネルはフラットな構造により、画面縁にホコリがたまらず手入れが簡単です。

「MP‐10」の発売概要

商品名 マルチターミナル MP‐10
発売日 2018年(平成30年)9月10日
価格 400,000円(税別)
発売地域 全国
無償保証期間 6カ月
販売予定数 30,000台/5年
販売ターゲット ショッピングセンター 、その他流通小売業

「MP‐10」の主な仕様

外形寸法 135(W)×241(D)×154(H)mm
質量(付属品除く) 約1.8kg(ACアダプタを除く)
電源ケーブル 3.8m(ACアダプタ含む)
OS Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB
CPU Intel Brasewell
メモリ 2GB
SSD 32GB
インターフェース シリアル Mini Dinコネクタ(電源供給)×2
Mini Dinコネクタ ×1
USB 4スロット
LAN 10/100 BASE-T、HUB機能(IN*1、OUT*1)
ドロワ モジュラータイプ:1
内蔵UPS あり(シャットダウン用)
表示機 TFT 7インチディスプレイ(静電タッチパネル付き)
解像度 WXGA(縦型配置)
磁気カードリーダー 標準搭載:JISII、ISO第1/2トラック
レシートプリンタ 印字速度 150mm/秒(MAX)
用紙幅 58mm
カット方式 スタブカット
消費電力 動作時約 65W、待機時約 15W

「MP-10」の環境配慮事項

1)地球温暖化の防止

高性能低消費電力CPUの採用や省電力部品を採用するなどの省電力対応設計を行っています。前機種*1に比べ待機電力は25%削減しました。

2)資源の有効利用

材料のリサイクルを容易にするため、25g以上のプラスチックに材料表示を行っています。

3)化学物質管理の徹底

廃棄後の環境負荷を減らすために、筺体プラスチック及びプリント回路基板の一部にハロゲンフリー材を採用し、臭素を削減しました。また、鉛フリーはんだやクロムフリー鋼板の採用を含む欧州RoHS*2指令に準拠しています。

*1 :MP-80との比較
*2 :RoHS(2011/65/EU):Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)では、電気・電子機器などで特定有害物質(鉛,水銀,カドミウム,六価クロム,PBB,PBDE)の使用制限を定めたRoHS2指令が2013年1月から施行されています。

東芝テックは製品のライフサイクル(部品、部材調達→製造プロセス→流通→お客様のご使用→使用済製品のリサイクル)について開発・設計段階より環境設計アセスメントを実施しています。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
最新のお問い合わせ先は、 お問い合わせ一覧をご覧ください。

他の画像

配信企業情報

東芝テック 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ウエストタワー MAP
上場区分 東証1部

業界