Lean In Tokyo x フェイスブック ジャパン国際女性デー記念イベント

2018年03月02日  一般社団法人 LeanInTokyo 

Facebook COO シェリル・サンドバーグのイニシアティブにより、日本の地域代表として活動しているLean In Tokyoは今年も「国際女性デー記念イベント」を開催予定。2018年は、3月25日に「私らしい人生をデザインしよう」をテーマにイベントを開催します。




3月8日の女性の社会における地位向上を世界的に啓発する「国際女性デー」を記念して、女性活躍社会の推進に向けて活動するNPO団体「Lean In Tokyo」は、フェイスブック ジャパンと共催で「国際女性デー記念イベント」を3月25日に東京都内にて開催いたします。

FacebookのCOOであるシェリル・サンドバーグが率いるグローバルな市民活動「Lean In(リーン・イン)」は、彼女が2013年に『Lean In』と題した本を出版したことをきっかけに誕生し、現在は150ヵ国で約24,000個のサークルが、女性の社会における活躍を支援して多様性のある社会を実現するために様々な活動をしています。その中で「Lean In Tokyo」は日本の地域代表サークルとして活躍されています。

今回のイベントでは、フェイスブック ジャパンのダイバーシティ&インクルージョンチームによる「バイアス(偏見や固定観念)をどう乗り越えるか」と題した講演や、先日国連にてスピーチを行って話題となったブロードバンドスクール協会理事の若宮正子さんや日経DUAL編集長の羽生祥子さんをお迎えしたパネルディスカッション、LeanIn.Orgで用いられているワークショップを実施します。

【開催概要】
■日時: 2018年3月25日(日)13:00~16:00(受付開始12:45~)
■会場: ミッドタウンタワー8階 Bain & Company Japan, Inc. オフィス(東京都港区赤坂9丁目7−1)
■内 容:
・Lean In Tokyoの目指す世界
 -一般社団法人Lean In Tokyo 代表理事 鈴木 伶奈
・Facebookが多様性を推進する意義
 -フェイスブック ジャパン 代表取締役 長谷川 晋
・「Managing Bias」(バイアスをどう乗り越えるか)のラーニングセッション
 -フェイスブック ジャパン ダイバーシティ& インクルージョンチーム
・パネルディスカッション
 -テーマ「好きなことをキャリアに繋げる」
 -登壇者:
  特定非営利活動法人ブロードバンドスクール協会 理事 若宮 正子
  日経DUAL編集長 羽生 祥子
 -ファシリテーター:フェイスブック ジャパン 広報部長 下村 祐貴子
*登壇者は変更となる場合がございます。
・ワークショップ
 -テーマ「自分の人生をデザインする」
 -ファシリテーター:一般社団法人 Lean In Tokyo 代表理事 鈴木 伶奈

【登壇者・ファシリテータープロフィール】
若宮 正子氏
特定非営利活動法人 ブロードバンドスクール協会 理事
1935年生まれ。高校卒業後、都市銀行へ入行。定年後、60歳からパソコンを学び、使い始める。81歳のときに日本初の高齢者向けゲームアプリ「ひなだん(hinadan) 」を開発。2017年には、82歳でアップル社主催のWWDC(世界開発者会議)に、ティム・クックCEOから「どうしても会いたい」と招待され、最高齢プログラマーとして紹介された。安倍政権の新たな政策「人づくり革命」について議論する会議「人生100年時代構想会議」の有識者議員を務める。

羽生 祥子氏
日経DUAL編集長
1976年生まれ。京都大学農学部卒業。2005年現日経BP社入社。
女性誌、デジタル誌などを経て2012年『日経マネー』副編集長就任。その後妊娠・出産の経験を活かし、働くママ&パパを応援するノウハウ情報サイト『日経DUAL』を企画立案、2013年11月に創刊。
子育て・介護中のDUAL編集部のマネジメント、サイト運営、取材執筆、大学外部講師と子育て(11歳と9歳の母)を奮闘両立中。海外での働き方や子育てスタイルに興味。

下村 祐貴子氏
フェイスブック ジャパン 広報部長
2002年P&G入社。エクスターナルリレーションズ(広報・渉外)にて日本市場におけるヘアケアブランドのPRに従事。 2010年、家族とともにシンガポールに転勤、ヘアケア部門やプレステージ香水などのアジア地域広報、「SKII」のグローバル広報としてPR戦略をリード。 帰国後、2016年12月よりフェイスブック ジャパン 広報部長に就任。

他の画像

配信企業情報

一般社団法人 LeanInTokyo

住所

東京都港区芝浦4丁目21-1  MAP
上場区分 -