県工業技術センターが企業と共同開発した「伸縮性に優れた電極」を利用した脳波測定システムを出展します

2017年10月12日 

県工業技術センターが企業と共同開発した「伸縮性に優れた電極」を利用した脳波測定システムを出展します

平成29年10月12日 県工業技術センターは、(株)SHINDO(あわら市)、NISSHA(株)(本社:京都市)と共同で、伸長時の電気抵抗変化が少なく耐久性に優れたストレッチ電極部材を開発しましたのでお知らせします。

また、このストレッチ電極部材を利用し、NISSHA(株)が、脳波測定から簡易的に着用者の心理状態を表示する脳波測定システムを試作しました。このシステムは、軽い運動状態でも脳波測定が可能であり、スポーツ分野でのメンタルトレーニング等への活用が期待されています。

試作した脳波測定システムは、10月26日(木)~27日(金)、福井県産業会館で開催される「北陸技術交流テクノフェア2017」の特別展「IoT時代を支える新技術」に出展します。なお、展示ブース(1号館、S-07)では、脳波測定のデモを行う予定です。

※ 詳細は、別添資料をご参照ください。 印刷用ページ 添付資料 連絡先
工業技術センター
担当者: 新産業創出研究部 増田、 企画支援室 村上
電話: 0776-55-0664
代表(内線): 0776-55-0664(5376)
メール: kougi@fklab.fukui.fukui.jp
紹介: http://www.fklab.fukui.fukui.jp/kougi/
記事ID: 7KefLJ150719814260

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら