「SoftBank 東北絆CUP」の大会に参加するアスリートが決定

2018年06月13日 

「SoftBank 東北絆CUP」の大会に参加する
アスリートが決定

2018年6月13日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、2018年8月1日から順次開催する「SoftBank 東北絆CUP」の大会に参加するアスリートをお知らせします。

スポーツなどを通して被災地の子どもたちを応援するという「SoftBank 東北絆CUP」の大会主旨に多数のアスリートの皆さまにご賛同いただき、野球は、2017WBC侍ジャパン代表監督・NHK解説者の小久保 裕紀氏をはじめとする元福岡ソフトバンクホークスのコーチや選手、サッカーは、元日本代表の城 彰二氏、福西 崇史氏などの元プロサッカー選手、バスケットボールは、地元の「仙台89ERS」や「岩手ビッグブルズ」をはじめ全国のB.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)に所属する現役選手や元選手が参加します。いずれの種目も多数の一流アスリートが参加・指導し、参加する子どもたちとの交流を行うなど大会を盛り上げます。

大会に参加するアスリート(2018年6月13日現在、順不同・敬称略)

野球

氏名 肩書
小久保 裕紀 2017WBC侍ジャパン代表監督・NHK解説者
若菜 嘉晴※1 ホークスジュニアアカデミーヘッドコーチ(捕手)
新垣 渚※1 元福岡ソフトバンクホークス選手(投手)
江尻 慎太郎 元福岡ソフトバンクホークス選手(投手)
帆足 和幸 元福岡ソフトバンクホークス選手(投手)
河野 大樹 元福岡ソフトバンクホークス選手(内野手)
東方 伸友 元福岡ソフトバンクホークス選手(投手)
柿木 映二 元福岡ソフトバンクホークス選手(投手)

サッカー

氏名 肩書
城 彰二 元ジェフ市原選手、元サッカー日本代表(FW)
福西 崇史 元ジュビロ磐田選手、元サッカー日本代表(MF)
土屋 征夫 東京23フットボールクラブ選手(DF)
桜井 直人 元浦和レッズ選手(FW)
飯尾 一慶 元ヴェルディ川崎選手(FW/MF)
小針 清允 元ヴェルディ川崎選手(GK)
渡辺 匠 元川崎フロンターレ選手(MF/DF)
川股 要佑 元湘南ベルマーレ選手(DF)

バスケットボール

「仙台89ERS」「岩手ビッグブルズ」など、B1からB3リーグに所属する現役選手または元選手が参加を予定しています。参加選手は、確定次第お知らせします。

また、このたび、新たに大会主旨に賛同し、協力・後援していただく団体が追加されましたのでお知らせします。(2018年6月13日現在、順不同)

競技団体・スポーツ団体 一般社団法人ジャパン・バスケットボールリーグ(B3リーグ)、株式会社岩手ビッグブルズ

「SoftBank 東北絆CUP」は、東日本大震災の復興支援活動として岩手県、宮城県、福島県の小中学生にスポーツや、吹奏楽などの文化活動の機会を提供する大会です。運動系の種目では、バスケットボール(開催日:8月1日、会場:盛岡タカヤアリーナ)、野球(開催日:8月13日、会場:石巻市民球場)、サッカー(開催日:8月18日、会場:Jヴィレッジ)を予定しています。また、文化系の種目は、吹奏楽と民俗芸能で、ベガルタ仙台のホームゲーム開催日に準じて実施します。

大会に参加するアスリートの写真

小久保 裕紀氏(野球)/城 彰二氏(サッカー)/福西 崇史氏(サッカー)

[注]
  • ※1

    若菜 嘉晴氏、新垣 渚氏は大会参加チーム(部活動・個人(混成チーム))への遠隔指導※2も行います。

  • ※2

    スマートフォンやタブレットを通して、「スマートコーチ」のプラットフォームを活用し、大会前までに動画添削や改善練習メニューのアドバイスなどを行います。

  • 「SoftBank 東北絆CUP」の詳細は、公式ウェブサイトや、各ソーシャルメディアの「SoftBank 東北絆CUP」公式アカウントをご覧ください。

  • 「アスリート交流会」に参加できる、小学生の参加申し込みは、6月30日まで「SoftBank 東北絆CUP」の公式ウェブサイトで受け付けています。応募多数の場合、抽選となります。

  • 参加アスリートは予告なく変わる場合があります。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

この企業のニュース