広島県障害者雇用優良事業所表彰の対象となる事業所を募集します外部リンク2018年6月14日一般国道191号の法面崩壊に伴う通行止めに係るE2A中国自動車道及びE74広島自動車道の一部区間の代替路(無料)措置について

2018年06月14日 

広島県障害者雇用優良事業所表彰の対象となる事業所を募集します

広島県では,障害者を積極的に多数雇用している県内の事業所を障害者雇用優良事業所として表彰しています。ついては,平成30年度の表彰の対象となる事業者を募集します。


障害者を積極的に多数雇用した事業所に対し表彰を行い,その努力を讃えるとともに,これを広く県民に周知し,障害者の雇用の促進に資することを目的とします。


次の基準すべてを満たす事業所を対象とします。

※ 支店,営業所等の単位も表彰の対象とします。 ・ 県内に本店,支店,営業所等(以下「県内の事業所」という。)のいずれかを有していること。 ・ 表彰年度を含む過去5年間の各年6月1日現在,県内の事業所において,常用雇用労働者 (※)である雇用障害者数が3人以上あり,かつ,そのうち重度障害者を1人以上雇用してい ること。 ・ 表彰年度を含む過去5年間の各年6月1日現在,県内の事業所の属する企業(※)が法定雇 用率(※)を達成していること。 ・ 県内の事業所の属する企業が,表彰年度を含む過去5年間,常用雇用労働者として障害者 を1人以上採用した実績があること。 ・ 県内の事業所の属する企業が,表彰年度を含む過去5年間,労働関係法令において重大な 違反をしたことがないこと。 ・ 労務管理について万全を期し,障害者の定着に努め,また,雇用について積極的な姿勢を 持っていること。 ・ 過去において,この表彰を受けたことのある事業所でないこと。 ・ 県内の事業所の属する企業が,表彰することが適当でないと認められる企業でないこと。

※ 常用雇用労働者とは,1週間の所定労働時間が20時間以上で,次のいずれかを満たす者をいう。

・ 雇用期間の定めなく雇用されている労働者 ・ 一定の雇用期間を定めて雇用される労働者であって,雇用期間が反復更新され,過去1年を超える期間につい て引き続き雇用されている労働者 ・ 雇入れの時から1年を超えて引き続き雇用されると見込まれる労働者 ※ 県内の企業で特例子会社を有する企業,企業グループ算定特例認定事業所又は事業協同組合等算定特例認 定事業所を含む。※ 障害者雇用率算定方法 { 6/1現在の雇用障害者数(短時間労働者である障害者を含む)/6/1現在の常用雇用労働者数(短時間労 働者を含む)×(1-除外率)} ×100 ・ 短時間労働者とは,1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である常用雇用労働者をいう。 ・ 雇用障害者数のうち,重度障害者は1人をもって2人,短時間労働者は1人をもって0.5人とし,短時間労働者の重 度障害者は1人をもって1人とします。平成30年4月1日以降の算定においては,精神障害者である短時間労働者 であって,その雇入れの日または精神障害者保健福祉手帳取得から3年以内,かつ,平成35年3月31日までに雇 入れられ精神障害者保健福祉手帳を取得した場合は,1人をもって1人とします。※ 法定雇用率 平成25年4月1日~平成30年3月31日 2.0% 平成30年4月1日~ 2.2%,

障害者雇用優良事業所応募調書(下記様式)により,表彰基準を満たす事業所が自ら応募することができます。このほか,独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構広島支部長から推薦のあった事業所も表彰の対象となります。


障害者雇用優良事業所応募調書


なお,審査の際には,広島労働局に照会,または訪問調査をすることがあります。


【応募締切】

平成30年7月6日(金)※必着(郵送)

表彰された事業所については,障害者雇用優良事業所として,その取組状況等を県ホームページや刊行物等に掲載し,広く周知を図ります。

この企業のニュース