「InterBEE」にVRを出展 - 医療・研修など、コンテンツからハードまでVRソリューションを展示!

2017年11月14日 

2017.11.14
株式会社クリーク・アンド・リバー社

11/15(水)~11/17(金)「InterBEE」にVRを出展
医療・研修など、コンテンツからハードまでVRソリューションを展示!

C&R社は11月15日(水)~11月17日(金)、幕張メッセにて開催される、第53回 2017年国際放送機器展「InterBEE」にVR事業のブースを出展いたします。

C&R社は同会場において、着脱が簡単で高品質なVR体験ができる一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+(アイデアレンズ・ケーツー・プラス)」を中心に、VR遠隔医療教育の仕組みやゲームや映像などのVRコンテンツ、C&R社が独自に研究開発したVR映像の同期システムやモニターに映し出すミラーリングシステムなどコンテンツ、システム、ハードと一貫して受託できるVRソリューション体制をご紹介いたします。

【 C&R社 出展概要 】


▼出展ブース 映像表現・プロライティング部門 /ホール6 /小間番号:6510

http://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/exhibitor_info/detail.php?exhibitor_id=7529

<出展内容>

(1)一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツープラス)」
質量は本体部分で約295 g(グラム)と軽く、視野角120°で2.5Kレベルの画質を実現した、ワイヤレスの一体型VRゴーグル。PCやスマホを用意する必要がなく単体で使用可能なため、室内に限らず、屋外でも楽しむことができます。圧倒的な取扱いやすさが特長で、長時間の利用が可能なため、長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」で導入されているほか、TSUTAYAの一部店舗におけるレンタル、ビジネスホテルにおけるVR宿泊プランなどに導入されています。当日は会場にて、実際に装着してその性能を体験することができます。

(2)C&R社のVR専門R&Dチームにて、VRゴーグルの活用をサポートする様々な独自ツールを開発。
VRゴーグルの操作をより簡単にするコンテンツプレイヤーから、複数台のVRゴーグルに同じ映像やゲームを映し出すためのアプリケーション、ミラーリングツール、遠隔映像配信システムなど、VRのご活用をサポートする様々な提案を行います。

(3)C&R社のVR導入事例として、ホテル、教育研修、医療、自動車、イベントなど、幅広い分野で活用されている「アイデアレンズK2+」を起用したサービスを紹介。
C&R社ではハードの提供からコンテンツの開発、プラットフォームのカスタマイズまで、VRに関わる様々なソリューションを一気通貫で提供することが可能です。

(出展内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。)

▼C&R社のVR/AR事業サイト

http://www.vr-creek.com/

【 InterBEE 概要 】

国際放送機器展(International Broadcast Equipment Exhibition 2017)の略称で「Inter BEE 2017」と呼ばれる。今回で53回目の日本最大の国際放送機器展で、映像プロフェッショナル向けに、世界最先端の技術が紹介され、情報交流やビジネス創出の場となっている。日本だけではなく海外のマーケットを視野にして開催され、昨年は38,047名の来場者があり、本年も約1,000社の出展者数で過去最高の来場者数を見込んでいる。

■日 時

2017年11月15日(水)10:00~17:30

2017年11月16日(木)10:00~17:30

2017年11月17日(金)10:00~17:00

■会 場

幕張メッセ

千葉市美浜区中瀬2-1

https://www.m-messe.co.jp/access/

▼詳細・入場事前登録はこちら

http://www.inter-bee.com/ja/



この件に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

経営企画部 TEL:03-4550-0008

この企業のニュース