2017年度県内100歳以上高齢者数の調査結果

2017年09月15日 

平成29年09月15日

平成29年度県内100歳以上高齢者数の調査結果

平成29年度の100歳以上の高齢者数の調査結果をとりまとめましたので、下記のとおり公表します。

1 100歳以上の高齢者数の調査結果(平成29年9月15日現在)
・県内 952 人(男性 106 人、女性 846 人)過去最多を更新しました。
・県内最高齢者は、女性 110歳 (鈴鹿市)、男性 107歳 (菰野町)です。
(※調査は9月1日現在で集計しています。)

2 調査の目的
9月15日は老人福祉法第5条第2項で「老人の日」と定められており、毎年9月15日の老人の日にあ わせ、県内の100歳以上の高齢者調査を実施しています。

3 祝状及び記念品の贈呈
毎年度、当該年度中に100歳を迎える高齢者で「老人の日」にご存命の方に対し、「老人の日」の記 念行事として、内閣総理大臣からの祝状と記念品(銀杯)が県を通じて贈呈されています。
これは、長寿を祝い、多年にわたり社会の発展に寄与してこられたことに感謝するとともに、広く国民 に高齢者福祉への理解と関心を深めてもらうために実施するものです。
平成29年度の贈呈対象者(大正6年4月1日から大正7年3月31日までの間に生まれた方)は、県 内で492人(男性76人、女性416人)です。昨年度の贈呈対象者と比べ64人の増加です。

関連資料

  • 平成29年度県内長寿者の状況(PDF(133KB))

この企業のニュース